記事

【学校再開と大統領選挙】

全米の大学で新学期が始まっていますが、対面授業をしている大学で学生の感染が相次いでいるようです。

[画像をブログで見る]

New York TimesはThe University of South Carolina reports that more than 1,000 students currently have the virus(サウスカロライナ大学で学生1000人以上が感染)の中で、サウスカロライナ大学で3万5000人の学生のうち1000人以上が新型コロナウイルスの検査で陽性が確認されたと報じています。

集団生活しているハウスで多くの感染が見つかったことから14日間の隔離に踏み切ったほか、マスクを着用せずに何百人も学生がプールサイドでパーティしている様子の写真もあるそうです。

サウスカロライナ大学のHPがわかりやすいです。
https://www.sc.edu/safety/coronavirus/dashboard/index.php

Washington PostはBiden blames Trump for coronavirus-related school closures, calls education gap a ‘national emergency’(バイデン、学校閉鎖によって教育格差が国家緊急事態に相当しているとしてトランプを批判)の中で、ホワイトハウスの奪還を目指す野党民主党のバイデン候補が「トランプ大統領がコロナ危機に対する初動を間違えなければ全米のが学校は安全に再開されただろう」と述べてトランプ大統領を批判したと報じています。

ホワイトハウスとトランプ陣営は、選挙に有利になるとみて、トランプ大統領が学校の再開を目指していると改めて強調したということです。

トランプ政権は、実際に登校してきた生徒の数に応じて15分以内に結果が出る迅速な検査キットを配布するとしています。

こどもたちが学校に行かなければ親は働きに出ることできず経済活動が活性化されないとしてトランプ大統領が対面による学校再開を訴えているのに対して、バイデン氏はより慎重な姿勢を示しています。

WSJは Trump Administration Asks States to Be Ready for Vaccine by November(トランプ政権、11月までにワクチン供給のつもりで準備を各州に要請)の中で、新型コロナウイルスのワクチンについて、米CDC=疾病対策センターが各州に対して来月末から11月にかけて供給が始まる前提で準備を進めるよう求めたと報じています。

これはCDCのレッドフォード所長は8月27日付けの書簡で各州の保健当局者に認可手続きの前倒しなどを求めたとしています。

トランプ政権はワクチン開発を最優先で取り組んでいて、Operation Warp Speed(ワープのスピードで開発を)というコードネームで急いでいるとしています。

一方、8月7日に発表されたギャラップ社の世論調査で、アメリカ国民の35%がワクチンが無料であっても受けないと答えていて、特に共和党支持者の半分近くがワクチンを受けないと答えたとしています。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。