記事

世界に通用する日本の「カツカレー」 意外に古いその歴史

日本人の“国民食”カレーライスとビタミンB1を豊富に含む豚肉のカツ。このふたつを一度に食べるカツカレーは、猛暑で疲れた身体に活力をもたらす絶好のスタミナ料理だが、その歴史は意外なほど古く、1918年に屋台の「河金(かわきん)」がカツ丼にカレーをかけたのが最初といわれている。【写真】深い飴色のカレーがカツの乗る皿に掛けられる瞬間の、キッチン南海のカツカレー 横濱カレーミュージアムの初代名誉館長で、カ...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。