記事

世界に通用する日本の「カツカレー」 意外に古いその歴史

『銀座スイス』の「千葉さんのカツカレー」1870円

 日本人の“国民食”カレーライスとビタミンB1を豊富に含む豚肉のカツ。このふたつを一度に食べるカツカレーは、猛暑で疲れた身体に活力をもたらす絶好のスタミナ料理だが、その歴史は意外なほど古く、1918年に屋台の「河金(かわきん)」がカツ丼にカレーをかけたのが最初といわれている。

【写真】深い飴色のカレーがカツの乗る皿に掛けられる瞬間の、キッチン南海のカツカレー

 横濱カレーミュージアムの初代名誉館長で、カレー研究家の小野員裕(かずひろ)氏が語る。

「たしかに最古のカツカレーは『河金』ですが、現在のようにカレーライスの上にカツを乗せるスタイルは『銀座スイス』が原型です」

「銀座スイス」が1948年にカツカレーをメニューに載せると瞬く間に人気を呼び、追随する店が続出。とんかつ店や蕎麦屋をはじめ、さまざまな業態の店が独自のカツカレーを売り出し、1950年代以降全国的に広く浸透していったが、現在もその“進化”は止まらない。

 1990年代に登場して市場を席巻したスパイスカレーの“カツカレー”もそのひとつだ。当初、スパイシーな味はカツに合わないとされたが、試行錯誤の末に“進化系”カツカレーとして多くの客を惹きつけている。

「カツカレーは海外でも十分に勝負できる料理。海外進出し、逆輸入されるカツカレーも今後、出てくるかもしれません」(小野氏)

※週刊ポスト2020年9月11日号

スパイスや小麦粉を焦げ目がつくまでじっくりと焙煎するキッチン南海のカレー

あわせて読みたい

「料理」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  6. 6

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  7. 7

    原則自宅療養の方針に橋下徹氏が懸念「国と地方で責任の押し付け合いがはじまる」

    橋下徹

    08月03日 21:37

  8. 8

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  9. 9

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

  10. 10

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。