記事

小林よしのり氏 モーニングショーは「自粛警察の総本部」

『コロナ論』が話題の小林よしのり

 第2波がピークを越えたと言われ、感染者も重症者も減りつつある今、それでも「油断はならない」「また次が来る」などと危険を煽る声は止まない。その状況を「テレビによる洗脳だ」と断罪した『ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論』(扶桑社)が発売早々ベストセラーになっている。著者の漫画家・小林よしのり氏と、コロナ以降のネット世論をチェックし続け、新著『恥ずかしい人たち』(新潮新書)でもコロナについて多数言及したネットニュース編集者の中川淳一郎氏が緊急対談した。

【写真】ワインレッド色の眼鏡を掛けた中川淳一郎氏

中川:最近出した『恥ずかしい人たち』(新潮新書)という本にも書いたんですが、私がテレビ報道で腹に据えかねたのは、都内の商店街に行って「混んでます!」とか、海に行って「サーフィンをしている人がいます」とか言って、一般人を撮ってニュースで晒していたこと。まるで犯罪者のような扱いです。

小林:「凧揚げしている人がいます」ってのもあった。サーフィンや凧揚げでコロナがうつるか?

中川:夏休みだからと子供連れて出歩いて、うっかりテレビに撮られると、「危機感のないバカ一家」に見られかねない。

小林:そういう報道に触発されて、今度はコロナ脳の一般人が“自粛警察”を始めた。「店を閉めろ」と張り紙をしたり、他府県ナンバーのクルマを通行させなかったり。そうすると、今度はテレビがそれを撮って「こういう行為はやめましょう」とニュースで流す。まさにマッチポンプ。モーニングショーなんて自粛警察の総本部ですよ。

中川:ネットでも自粛警察が暴れ回っていて、いつもネット世論はテレビ報道に批判的なんですが、今回はテレビに同調しているので驚いた。理由を考えたんですが、原発事故のときは福島とその周辺だけの話で、他の地域はほとんど関係なかったのが、コロナは全国区だったからじゃないか。

小林:原発事故は他人事だったが、コロナは他人事ではなかった。

中川:特に地方の人のビビりっぷりがすごくて、それが東京差別につながっていた。山梨出身の女性が東京からバスで帰省して、コロナ感染を持ち込んだ事件があって、酷い中傷に晒されていたんですが、「お土産に『東京ばな奈』じゃなくて『東京ころ奈』をもってきやがった」とか書かれていた。

小林:パチンコ店も営業していると、店名出されてつるし上げられたよね。だけど、パチンコ店で客のクラスターなんて1件も報告されてないでしょ。ホストクラブとかキャバクラとかも店名出されて。要するに、職業差別なんですよ。無意識に差別しているのが、こういう非常時になるとブワッと出てくる。パチンコやホストやホステスはいじめていい対象なんだよな。

中川:テレビのコメンテーターはみんな「経済より命が大事」と自粛を強制しますしね。

小林:それは玉川徹(テレビ朝日社員)みたいに一流企業で給料も保証されてテレワークもできる人間だけの話で、それでも現場で働かなければいけない人たちがたくさんいる。だからわしは、あえて「経済のほうが命より重い」と訴えている。

中川:とんかつ屋の店長のように、それで自殺してしまった人も出てきたわけですし。テレビの影響力ってやっぱりすごいですよ。コロナと関係ないのにトイレットペーパーが品不足になったのは、鳥取の生協職員が「品薄になる」とツイートしたのが発端とされていますが、実際にはその後テレビが「トイレットペーパーの行列ができています」と1回報じただけで一気に全国に広まったようです。

自粛警察は隣組

小林:政治家もテレビに煽られたからね。緊急事態宣言を早く出せ、遅すぎるとさんざん言われて、結局、圧力に屈して出してしまった。地方の知事が飲食店に営業自粛などを要請すると、テレビはそういう強権発動も持ち上げるんだよ。

中川:知事がリーダーシップを示したと。何かやった感が出ますからね。

小林:そうそう。東京都は宣言解除後に「東京アラート」と称し、飲食店への営業制限を継続していたが、法的な根拠なんて何もない。それを指摘するのがメディアの役割なのに、逆に政府や自治体に国民の権利を制限しろ、制限しろと大合唱した。PCR検査して隔離するのだって、国民の権利の制限ですよ。自ら縛ってくれと求めるっておかしいでしょ。ああ、いつからわしはこんなに自由を大事にするリベラルになってしまったんだろう(笑い)。

中川:代わりにリベラル派が強権発動を求めているのだから皮肉です。今回、政治家で一番得をしたのが小池都知事でしょう。コロナ前は存在感がなかったのに、五輪の延期が決まった途端にスタンドプレーを始めて、毎日、記者会見して「今日の感染者は何人」とテレビに映りまくった。おかげで選挙は圧勝です。

小林:選挙直前に『女帝 小池百合子』(石井妙子著)という本で学歴詐称疑惑が掘り返されたのに、それも完全に吹っ飛ばした。コロナ様々だよ。

中川:しかし、戦時中の雰囲気ってこんな感じだったのかなと思ってしまいますよ。自粛警察は、「欲しがりません、勝つまでは」と、国民が隣組で監視し合っているようなものですよね。

小林:戦時中は新聞が戦争を煽って政府を突き動かしたが、今はテレビがコロナとの馬鹿げた戦争に国民を引きずり込んでいるわけだからね。

●こばやし・よしのり:1953年、福岡県生まれ。漫画家。『東大一直線』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表後、思想漫画『ゴーマニズム宣言』を開始。スペシャル版として『戦争論』『台湾論』『天皇論』などが次々とベストセラーに。最新刊は『コロナ論』。

●なかがわ・じゅんいちろう:1973年、東京都生まれ。博報堂で企業のPR業務に携わり、2001年に退社。NEWSポストセブンなどネットニュースの編集に関わる。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『縁の切り方』など。最新刊は『恥ずかしい人たち』。

※週刊ポスト2020年9月11日号

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  3. 3

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  4. 4

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  5. 5

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  6. 6

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  9. 9

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  10. 10

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。