記事
  • ロイター

ホンダと米GM、北米で提携強化 車台共有などでコスト削減


[3日 ロイター] - ホンダ<7267.T>と米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は3日、北米市場で販売する車両に関する戦略提携で合意したと発表した。環境に優しい車両への需要に対応するため技術と開発コストを共有する圧力が高まる中、協業関係を強化する。

今回の合意で、電気自動車(EV)や自動運転車、コネクテッドカー(つながる車)の技術に関する両社の既存の協力関係が大幅に拡大することになる。

研究開発、共同購買、コネクテッドサービスなどの領域で協業の可能性を検討し、内燃機関エンジンと電動パワートレーンを含めたプラットフォーム(車台)の共有に向けた検討を開始する。今後早い段階で共同開発に向けた議論を開始し、2021年初旬の共同作業開始を目指す。

両社は今後、最終的な合意を完了する必要があり、関係者によると、予想されるコスト削減規模の詳細はその時点で判明するという。

GMのロイス社長は「この提携は両社の製品開発において大幅なコスト削減に役立つと確信している」と述べた。

ホンダとGMは今年4月、ホンダ向けに新型EV2車種を共同開発すると発表した。両社はすでに、GMの自動運転車「クルーズ・オリジン」の設計で協力しており、燃料電池やバッテリーの共同開発も行っている。

ホンダは長年にわたり業界内で独立性を保ってきたが、倉石誠司副社長は、GMとの提携が単独では達成できないスケールメリットをもたらすと指摘した。ホンダにとって北米は最大市場で、GMには中国に次ぐ第2の市場。

クレディ・スイスのアナリスト、ダン・レビー氏は、業界がEVに移行してもガソリンエンジンはまだ投資が必要な技術であるため、両社の提携は「心強い」と指摘した。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  6. 6

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  7. 7

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。