記事

元ディズニー・スターが18禁のSNSに参入したのは、セックスワーカーの偏見を無くすため

1/2
OnlyFansに参入後、厳しい批判を受けていた女優兼シンガーのベラ・ソーンが、同サイトで生計を立てるセックスワーカーたちに謝罪(Photo by Ik Aldama/picture-alliance/dpa/AP Images)

セックスワーカーたちに愛用されている18禁のサブスクリプション型ソーシャルメディアプラットフォーム「OnlyFans」に突如参入した女優兼シンガーのベラ・ソーン。1日で100万ドル(約1億円)を売り上げたことが、古参のセックスワーカーたちの怒りを買った。

「メインストリームの人間を引き入れることで、セックスや売春に対する偏見と戦い、セックスという言葉について回るネガティヴなイメージを取り除く。私がやろうとしたのはそういうことだった。もっと多くの人をサイトに集めれば、コンテンツクリエイターの収入をさらに増やせると思ったの」。8月29日、ソーンはこのような一連のツイートを投稿した。「サイトへの関心を高めたかった、もっと多くの人がサイトに来れば偏見がなくなる可能性も増えると思ったから。でも、そうすることで皆さんを傷つけてしまいました」

OnlyFansではクリエイターがファンに直接コンテンツを販売できる。2016年の立ち上げ以来、主にセックスワーカーたちが利用していた。今年3月にアメリカがCOVID-19のパンデミックに見舞われてからは、会員登録数が飛躍的に急増。ビヨンセは「Savage」リミックスでOnlyFansに触れ、カーディ・Bやブラックチャイナといったセレブたちも参入した。8月後半、ソーンが同プラットフォームへの参入を発表すると、瞬く間に新記録を達成。開始24時間で100万ドル以上を稼いだ初のクリエイターとなり、その週の終わりには200万ドルのセールスを達成した。

だがソーシャルメディアでは、OnlyFansで生計を立てる大勢のセックスワーカーが不満の声を上げた。その多くは、プラットフォームがメインストリーム化することで市場が飽和状態になり、サイト頼みのセックスワーカーたちが周辺に追いやられるという懸念だった(ローリングストーン誌が以前報じたように、OnlyFansで活動するセックスワーカーの多くは、プラットフォームから徐々に締め出しを受けていると案じている。OnlyFansはこうした主張を否定した)。それに加え、ソーンが1週目でひと山当てた後、OnlyFansは課金システムを変更し、1投稿あたりの料金設定とチップ制度を設けた。こうした変更はソーンの成功と関係があるのでは、と言う者も多い。OnlyFans側は「特定のユーザーに基づく」変更ではないとしている。

あわせて読みたい

「性産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  7. 7

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。