記事

元ディズニー・スターが18禁のSNSに参入したのは、セックスワーカーの偏見を無くすため

1/2
OnlyFansに参入後、厳しい批判を受けていた女優兼シンガーのベラ・ソーンが、同サイトで生計を立てるセックスワーカーたちに謝罪(Photo by Ik Aldama/picture-alliance/dpa/AP Images)

セックスワーカーたちに愛用されている18禁のサブスクリプション型ソーシャルメディアプラットフォーム「OnlyFans」に突如参入した女優兼シンガーのベラ・ソーン。1日で100万ドル(約1億円)を売り上げたことが、古参のセックスワーカーたちの怒りを買った。

「メインストリームの人間を引き入れることで、セックスや売春に対する偏見と戦い、セックスという言葉について回るネガティヴなイメージを取り除く。私がやろうとしたのはそういうことだった。もっと多くの人をサイトに集めれば、コンテンツクリエイターの収入をさらに増やせると思ったの」。8月29日、ソーンはこのような一連のツイートを投稿した。「サイトへの関心を高めたかった、もっと多くの人がサイトに来れば偏見がなくなる可能性も増えると思ったから。でも、そうすることで皆さんを傷つけてしまいました」

OnlyFansではクリエイターがファンに直接コンテンツを販売できる。2016年の立ち上げ以来、主にセックスワーカーたちが利用していた。今年3月にアメリカがCOVID-19のパンデミックに見舞われてからは、会員登録数が飛躍的に急増。ビヨンセは「Savage」リミックスでOnlyFansに触れ、カーディ・Bやブラックチャイナといったセレブたちも参入した。8月後半、ソーンが同プラットフォームへの参入を発表すると、瞬く間に新記録を達成。開始24時間で100万ドル以上を稼いだ初のクリエイターとなり、その週の終わりには200万ドルのセールスを達成した。

だがソーシャルメディアでは、OnlyFansで生計を立てる大勢のセックスワーカーが不満の声を上げた。その多くは、プラットフォームがメインストリーム化することで市場が飽和状態になり、サイト頼みのセックスワーカーたちが周辺に追いやられるという懸念だった(ローリングストーン誌が以前報じたように、OnlyFansで活動するセックスワーカーの多くは、プラットフォームから徐々に締め出しを受けていると案じている。OnlyFansはこうした主張を否定した)。それに加え、ソーンが1週目でひと山当てた後、OnlyFansは課金システムを変更し、1投稿あたりの料金設定とチップ制度を設けた。こうした変更はソーンの成功と関係があるのでは、と言う者も多い。OnlyFans側は「特定のユーザーに基づく」変更ではないとしている。

あわせて読みたい

「性産業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。