記事
  • ロイター

米FRB金融政策部門トップのラウバック氏が死去


[2日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)で金融政策を担当する事務局トップ、トーマス・ラウバック氏が2日、すい臓がんのため死去した。55歳だった。

ラウバック氏は米カンザスシティー地区連銀のほか、欧州中央銀行(ECB)や独連銀(中央銀行)でも調査を担当し、2015年に当時のイエレンFRB議長にFRBの金融政策部門トップに任命された。

ラウバック氏がウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁と共に開発した自然利子率の推計方法は金融政策を巡る議論で参照されることが多い。ラウバック氏はまた、FRBが先週公表した雇用の増加を促すことを目的とする新戦略の策定でスタッフを主導した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  9. 9

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  10. 10

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。