記事

新型コロナウイルス 弱毒化、鎮静化

安倍首相辞任の喪失感もさめやらぬ中ですが、新首相にはこれまでの安倍政権の外交路線などを継承していってほしいと思います。

さて、先日の専門家組織が第2波では致死率が大幅に低下していることを提示しました。

第一波での死亡率が7.2%だった一方、第二波では0.9%だったようです。

死亡率の高い70歳以上についても第一波では25.5%から、8.1%に下がったようです。

いずれも大幅な死亡率の低下で、ついに専門家組織も弱毒化を事実上認めた印象です。

これらの数字は全感染者数のうちの死亡率(infection fatality rate (IFR))ではなく、あくまで検査陽性で診断された方の内の死亡率(case fatality rate(CFR))であることにも注意が必要です。

実際には無症状、もしくは多少症状があっても検査を受けず治癒している方が多くいることを考えると、本当の意味での死亡率(IFR)は、今回報告されているCFRよりもずっと低いからです。

まとめると、6月以降のいわゆる第二波の死亡率は3‐4月の第一波と比べて大幅に低下し、以前の新型コロナと現在のものは毒性の面で全く別物、つまり弱毒化したと言えます。

また、実際の死亡率(IFR)は日本国内で発表されている数字(CFR)よりもずっと低く、CFRは一般的にIFRの何倍かの高い数字となりうることを理解しなければいけません。

感染者の増加具合を示す指標である実行再生産数についても1を下回り、感染者が落ち着いてきていることが示されました。

しかし、朝日新聞の記事はこれらの数字を紹介しながらも、

高齢者の致死率はほぼ変わらないとする別の推計もあり、「どの分析が正しいかさらに解析していく」と説明した。

や、

大阪府は1を下回っているものの重症者が引き続き多く注視が必要とした。分析は8月中旬までで、お盆の影響が分かるにはさらに1、2週間かかるとしている。

という含みを持たせる書き方をしている。

大手メディアの報道姿勢は相変わらずである。

先日見ていたTBSの報道番組でも、どなたか忘れましたが専門家の方が、「今後も尚重症者が急増する可能性があり、注意が必要です」とコメントしていました。

そりゃあ、可能性があるでしょうが、この局面になってもまだ自粛を促すような結び方はいかがなものかと思いました。

一方で、解雇・雇い止め5万人超、完全失業率も0.1ポイント上昇し2.9%というニュースも出ており、

経済への影響は明らかです。

[画像をブログで見る]

ところで現在の状況ですが、入院患者数、重症者数は減少トレンドに入っています。

重症者数については250人あたりまで上昇しましたが、そこからゆっくりと低下に入りました。

[画像をブログで見る]

未だに連日、数ばかりが報道されている陽性者数ですが、減少トレンドはより明らかです。

メディアがここまで2か月超、連日大きく報道し、危機を煽ってきた第二波は落ち着きつつあります。

緊急事態宣言なしに、GoToで旅行を奨励しながらも、落ち着いてきているというのが現実なのですね。

冒頭で書いたように、毒性についても低く、多くの死者や重症者を出すこともありませんでした。

集団免疫によるものなのか、ウイルスの弱毒化によるものか、私はそのいずれもが影響していると思っていますが、今のところはっきりした理由ははっきりしません。

ただし、この弱毒化については世界的な流れのようです。

例として、多くの死者を出したイタリアでも、現在は死亡率の低下が確認されています。

イタリアでも現在の新型コロナは2-3月の物とは別物という考えです。

現在、内閣は安倍首相が最後の仕事の一つとして、2類相当からの見直しを目指しているようです。

ただ、そこに立ちはだかっているのが慎重な厚生労働省のようです。

財務省に代表されるように、政治主導と官僚の戦いという、いつものパターンですね。

出来るだけ速やかに、日本も日常を取り戻すことが重要と思います。

続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M

¥398
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp

誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp

サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓

紙の書籍に関しては、絶版となったため、下記Amazonや楽天では中古しか販売しております。

新刊を希望の方は私の方から直販しますので、ここ、Amebaのメールか、

nsdr.rookie@gmail.com までご希望の方はご連絡ください。

誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論

¥1,365 Amazon.co.jp

誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  7. 7

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  8. 8

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。