記事

辞任と棄権とボイコット(上) 嗚呼、幻の東京五輪 その8

1/2
大坂なおみ選手(2016) 出典:Flickr; Kate Tann

林信吾(作家・ジャーナリスト)

【まとめ】

・大坂選手の棄権「スポーツに政治を持ち込むべきではない」等の声も。

・エリート主義や白人優越主義がスポーツ界には残る。

・スポーツ界における有色人種に対する差別的感情は根深い。

8月28日、安倍首相が辞意を表明した。

理由はご難内の通り、持病が悪化したためという。色々なことを言う人がいるが、ここはやはり一人の人間として、

「まずはお大事に」

と言うのが礼節というものだろう。

もちろん、安倍政権に対する評価はまた別ものである。私は「お疲れ様でした」とは言わない。疲れたのは国民の方だ。この話題については、いずれ本誌でも取り上げさせていただく。乞うご期待。

辞任会見において安倍首相は、

「拉致問題、日ロ平和条約、憲法改正が心残り」

であると語った。

本心なのであろうが、国民の関心は今、そこではないだろう、と思う。拉致問題はともかく、新型コロナ禍のおかげで生活を脅かされている人々には、改憲論議より先になんとかしてもらいたい、という問題が山積しているのだ。

また、東京五輪についてあまり多くを語らなかったのは、前回も述べた「あきらめムード」が、政界にまで広まってきたことの表れなのだろうか。

首相の辞任にせよ、日を追って絶望的となりつつある東京五輪の開催にせよ、「持病や感染症では致し方ない」と言われればそれまでなのだが……

唐突だが、話はさかのぼる。

テニスの大坂なおみ選手が、ウェスタン・アンド・サザン・オープン準決勝を棄権する、との意思を表明した。米国で、黒人男性が警官に射殺されるなど、相次ぐ差別事件に対し、

「吐き気がする」

というほどの抗議の意味が込められていた。彼女に言わせると、テニスは「白人スポーツ界」であり、そこに一石を投じる意味もあったとのこと。

テニス界の方でもこれに反応し、

「我々(プロテニス関係者)は人種差別に反対である」

との声明とともに、大坂選手の出場が予定されていた準決勝を含む、27日の試合を中止した。これを受けて大坂選手も棄権を撤回し、準決勝に出場、みごと勝利を収めた。

この行動への反響の大きさから、プレッシャーで2日間ほとんど眠れなかった、と述懐していたが、それで試合には勝ったのだから、大したものだ。欧米のメディアは、こぞって彼女を絶賛した。

その一方で、日本では、ある種の違和感をもって受け止める人が少なくなかったようだ。

「スポーツに政治を持ち込むべきではない」

という「お約束」のような議論から、これもありきたりと言うか、

「対戦相手に失礼ではないか」

などという声まで聞かれた。当人が、

「私はテニスプレイヤーである以前に、ひとりの黒人女性」

であり、人種差別がらみの事件が繰り返されることに対して、黙っていてはいられなかったのだ、と明言していたにもかかわらず。

私は、英国ロンドンで暮らしていた当時、七回ほど本物のケンカをやっている。すべて相手は白人で、人種差別がらみのトラブルであった。誓って、酒の勢いで暴れたことなどはない。早い話が「イエロー・ジャップ」などと言いながら突っかかってくる手合いに、

「眼鏡をかけた日本人だからと言って侮ると、大変なことになるよ。ブラックベルトだったりする場合もあるから笑」

と教えてやっていたのである。一度、中国人と間違われて唾を吐きかけられたので、廻し蹴りで返礼したこともあるが、問題の本質は変わらない。口で言い返せばいいじゃないか、という意見もあり得ようが、言葉の暴力というのもあるわけだし、いくら若い頃の私でも、見境なく手を出していたわけではない。そもそも、有色人種が地下鉄で同じ車両に乗っているのが気に入れないからと、唾を吐きかけてくるような手合いに、そういうことをしないでください、と言って通じるだろうか。

あわせて読みたい

「人種差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  8. 8

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。