記事

高知東生氏自叙伝「生き直す」発売に寄せて その3 ニコ生出演後のマスコミの反応

1/2
Ⓒ田中紀子

田中紀子(ギャンブル依存症問題を考える会代表)

【まとめ】

・高知氏、当初メディアからの取材に難色を示していた。

・「プレ自助グループ」への参加でメディアに出ることの意義を理解。

・自助グループ参加で前を向いて生きる大きな力を得た。

3/12にピエール瀧さんのコカイン使用の事件があり、この時はこれまでにないほどのバッシングの嵐が吹き荒れた。芸能界は自粛を次々に発表し、我々は薬物問題に対するこれまでの啓発努力が水泡に帰すのを目の当たりにしていた。

▲写真 ピエール瀧氏 出典:Nesnad

もちろん高知氏もこの流れに恐怖を感じていて、予定していたニコ生への出演にためらいを見せていた。私自身もこのタイミングでの出演がよいのか迷いはあったが、これもまた受け入れるべきではないか、逆にこのタイミングだからこそ出演すべきではないかという思いになり、高知氏に「大丈夫です。やりましょう!」と背中を押すことにした。

当日のニコ生は、穏やかな雰囲気で進み、心配していたコメントも誹謗中傷の類は殆どなく、逆に回復を応援してくれる方々が多く嬉しい驚きがあった。高知氏は終始「緊張する」と連発し、実際の映像を今見ても表情はまだ固かったが、終わってみれば「出て良かった」と感想を述べてくれた。

そしてこのニコ生で事件以後初めて世間に姿を現わした高知氏を見たメディアからは、ピエール瀧さんの事件の背景もあり取材申し込みが殺到した。

高知氏の意向もあり、その殆どをお断りしたが、以前私がギャンブル依存症問題で取材を受けたTV局の記者から「必ず依存症の啓発に役立つ番組にするから」という申し入れがあり、この1社のみ取材を受けることになった。

しかしピエール瀧さんへのバッシングはなかなか収まらず、高知氏は当日が近づいてくると、やはり心配を口にし、難色を示していた。

そして、ここで大きな転機が訪れた。

あわせて読みたい

「依存症」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    【読書感想】ニッポン 未完の民主主義-世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

    fujipon

    04月20日 10:40

  3. 3

    「アルコール提供自粛要請」「土日祝日の飲食店休業要請」大阪府が緊急事態宣言で検討

    BLOGOS しらべる部

    04月20日 19:38

  4. 4

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  5. 5

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  6. 6

    若くしてスマートな今年の新入社員を絶望させる"化石燃料タイプ"のNG行動

    PRESIDENT Online

    04月20日 16:59

  7. 7

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  8. 8

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  9. 9

    日米共同声明 触れられたのは「台湾」ではなく「台湾海峡」

    緒方 林太郎

    04月20日 14:37

  10. 10

    ワクチン問題 最低足りないことは無くなった 今やらなければいけないこと

    中村ゆきつぐ

    04月20日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。