記事

杏vs実母の12億円裁判、決裂から急転和解 両者は絶縁状態

1/2
離婚も骨肉裁判も決着

“家族間トラブル”にとらわれ続けた人生だった。幼少期は両親の離婚裁判に巻き込まれた。自らの結婚は、夫の不倫トラブルに巻き込まれ、離婚する事態に。そしてその裏では、実母に訴えられ──だが、杏(34才)の新しい人生の一歩がいま始まる。

【写真10枚】離婚直後、杏は日本有数の別荘地へ。麦わら帽子に白マスク、長袖Tシャツ姿で犬を散歩させている

「最近の杏さんは憑き物が取れたようにすっきりしています。今年1月の東出昌大さん(32才)の不倫報道後から離婚まで長い時間をかけて、子供の将来を最優先にした新しい生活の形を考えてきた。だからいまの選択に悔いはなく、離婚発表後は父・渡辺謙さん(60才)の別荘で知人男性らとリフレッシュ。東京に戻ってからも別の知人たちが自宅に頻繁に出入りし、杏さんの近くには常に誰かがいる日々です」(杏の知人)

 離婚公表から1か月。杏の中ではすでに客観的に振り返ることのできる過去になっているようだ。『婦人公論』(9月8日号)では、作家の浅田次郎氏と対談し、子供たちの成長についてこんなふうに語っている。

《ジイジ(渡辺謙さん)のこともわかっているし(笑)。前にNHKのスタジオパークに行ったときに、ポスターを見て「これジイジだよ、お父さん(東出昌大さん)だよ、おじさん(渡辺大さん)だよ」って》

 父や兄だけでなく、実に自然に元夫の東出の存在にも触れていたのだ。これ以外にも、映像化された浅田氏の作品に「父と兄が出ている」と、周囲が気を使うのを避けるかのように、自ら積極的に家族について語る杏。しかし、ひとりの人物には決して触れようとしない。杏を産んだ実の母・A子さんについては、頑なに口をつぐむのだ。

「最近、杏さんが前向きな理由は、離婚成立だけではありません。杏さんの個人事務所の社長を務めているA子さんとの骨肉裁判に、ようやく終止符が打たれたからでもあるんです」(芸能関係者)

 3年間続いたその争いは、まさかの和解という形で終結を迎えたのだ。和解は、東出との離婚とほぼ同時期に成立している。和解調書などは開示されていないが、長く続いた家族の不幸は、杏がいくつもの関係を手放したことで、ようやく終着点を見たのだ。

 骨肉裁判の内容に触れるには、まず複雑怪奇な家族模様を振り返る必要がある。杏は1986年に渡辺とA子さんの間に生まれた。兄弟は、2つ年上の俳優・大(36才)。杏が誕生した翌年、渡辺は、NHKの大河ドラマ史上最高の視聴率をたたき出した『独眼竜政宗』の主役を演じきり、一気に人気俳優の仲間入りを果たす。

 ところが、杏が3才のとき、渡辺は急性骨髄性白血病を発症。主演するはずの映画を降板し、闘病生活に入るが、1993年に再び大河ドラマで主演し、完全復活。ところが翌年に再発し、1995年に2度目の復活を果たす。この頃のことは、すでに小学生になっていた杏もしっかりと覚えているだろう。その後数年は、杏は渡辺の娘として、可能性に満ちた未来に向けて歩んでいた。

突如、関係に亀裂が

 しかし2002年に家族の瓦解が始まる。両親が別居し、7月には、渡辺が「離婚成立」と「子供の親権」を求めて、A子さんを提訴したのだ。高校生となった杏は、父親が母親を訴えるという、信じがたい事態を目の当たりにすることになる。さらに、裁判が進むにつれ、知りたくもなかった両親の姿に向き合うしかなくなっていくのだった。

「裁判の過程で、A子さんが、杏さんの同級生の保護者を含む知人50人から、約2億円もの借金をしていたこと、同時期に、心酔していた宗教団体に、約2億5000万円の大金を振り込んでいたことがわかったのです。渡辺さんが離婚を求めた理由は、この借金でした」(前出・芸能関係者)

 母親が、自分の友達の親から金を借りていた──これだけでも思春期の子供の心は揺れ動く。だが、子さんも黙ってはいなかった。その反撃は、杏の心をないがしろにするものだった。

「A子さん側の代理人弁護士は、渡辺さんの不倫疑惑を問いただしたのです。そのときには、9人の女優の実名も挙げられました」(前出・芸能関係者)

 不倫をする父、借金をする母。外からは理想的な家庭に見えていた渡辺家は瞬く間に崩壊していった。

「別居時、杏さんは父側に、兄は母側についていましたが、父親の裏切りを知った杏さんは、自らの意思でA子さんの元へと戻っていきました」(前出・芸能関係者)

 裁判は、渡辺の勝訴で決着したが、杏の親権はA子さんが持つことになった。離婚後、A子さんの元に残ったのは2人の子供と、多額の借金。そこで、一念発起したのは、A子さんではなく、杏だった。それまでも行っていたモデルとしての活動に専念するために、高校を中退したのだ。このとき、杏は芸名から渡辺姓を外している。親の七光りと言われることを避けるためだったのだろう。

 身長174cmのすらりとした長身に、長い手足。恵まれた体形を携え、トップブランドのコレクションにも出演するなどキャリアを重ねた。この頃、A子さんと杏の関係は、“一卵性母娘”と周囲から言われるほど密な関係だった。裁判でA子さんが杏に対し、

《虚偽の事実を述べて、その場逃れのような生活を行うのではなく》

 と、厳しい言葉をぶつける10年ほど前の話である。

「実際に2人はよく似た容姿でね。印象的な杏さんの瞳なんかは完全に母親譲り。一緒に買い物に行ったり、家事を分担して生活したりと、離婚前よりも仲が深まったように見えましたね」(杏とA子さんの共通の知人)

 この時期には、女優業もスタート。話題のドラマや映画に次々と出演。2008年には芸能事務所「トップコート」に所属し、2009年には個人事務所を設立した。その個人事務所の社長には、苦労を共にしてきたA子さんが就任している。

 世界を舞台にする父と袂を分かち、共に歩むことを選んだ母娘。しかし、その2人の間は、この個人事務所の存在をきっかけに少しずつ亀裂が生じ、気づけば修復が不可能な状態になっていた。2013年にNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の主役を務めた杏は、翌2014年、個人事務所を退社し、トップコートとの直接契約に戻すことをA子さんに通達した。

「杏さんの個人事務所は、2013年には1億8000万円近く売り上げるほどに成長していましたが、杏さんに支払われる給与が売り上げに対して、あまりにも少ないことを杏さんが疑問視していたのです。

 しかもこの頃、杏さんはA子さんの振る舞いに頭を悩ませていました。A子さんは女性霊能者に傾倒し、個人事務所のコンサルタントとして、多額のコンサルティング料を支払っていたのです。このことに気づいたとき、杏さんは愕然としたそうです。ただ、母親の借金を返すまではと思い直し、それがようやく実現したタイミングで、独立を画策したのです」(前出・芸能関係者)

 A子さんにとって、愛娘の“独立”は寝耳に水だった。杏が個人事務所から退社するのは“無効”だと主張し、2015年には調停を申し立てるに至ったのだ。しかし話はまとまらず、2017年末についに訴訟に発展した。

あわせて読みたい

「杏(あん)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    視聴率優先でPCR推進するテレビ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    田原氏 菅首相の行政改革に期待

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。