記事

【婚約内定から9月3日で丸3年】眞子さま・小室圭さん“ご結婚チキンレース”のリミットは? - 朝霞 保人

「秋篠宮家の長女・眞子さまが、小室圭さんと婚約内定の記者会見を行われてから、9月3日で丸3年となりました。しかし、小室さんの米国留学は来年5月まで続く予定であるうえに、母・佳代さんの借金騒動にも進展はなく、新型コロナウイルス禍で眞子さまには、なす術がありません。まさに八方ふさがりの状態なのです」

【画像】30歳の誕生日の前には挙式を行いたい?


眞子さま ©JMPA

「太陽のような笑顔」「宮さまは月のよう」から3年

 宮内庁関係者はこう語る。2017年9月3日、眞子さまは赤坂御用地内の赤坂東邸で、小室さんとともに笑顔で婚約内定の記者会見に臨まれた。眞子さまが「(小室さんに)最初に惹かれたのは、太陽のような明るい笑顔であったと思います」と述べられ、小室さんが「宮さまは私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます」と応じたのは、多くの国民にとっても記憶に新しいところであろう。

「この記者会見の中で小室さんは、プロポーズをした時期を2013年の12月だったと明かしています。この12月で、プロポーズからは丸7年が経つわけです。異常事態としか言いようがありません。ですが、(宮内)庁内から聞こえてくるのは『小室さんと絶対に結婚するという眞子さまのご決意は揺るぎない』というものです。眞子さまは子供の頃から、よく言えば芯の強い、別の表現をすれば少し頑固なところがおありになりました。ご結婚問題では周囲の諫言に一切、聞く耳を持たれていないようです」(同前)

 秋篠宮ご夫妻や宮内庁幹部など周囲の人間のみならず、多くの国民も、生活費や学費を援助してくれた佳代さんの元婚約者に対する小室母子の冷徹な対応に、疑問を感じていることは間違いないだろう。

「眞子さまは女性皇族の中でも、女王ではなく内親王という特別なお立場です。新旧天皇ご一家の一員として国民に寄り添い、国民とともに歩まれるべきお立場なのです。であるにもかかわらず、ご結婚に対する国民の冷ややかな視線を全く意にも介されていません。眞子さまは、コロナ禍で外出してのご公務もほとんどなくなり、特任研究員として週3日ほど勤務されていたインターメディアテク(東京都千代田区)という東大が所蔵する学術標本などを展示する施設でもリモートワークとなり、巣ごもり生活を送られる中で、より一層殻に閉じこもってしまわれているように感じます。

眞子さまは10月23日で29歳に

 インターネットを通じたテレビ電話で会話する小室さんとのお2人だけの世界に閉じこもられている可能性が高いのです。眞子さまは10月23日に29歳となられます。一般女性と同様に、30歳までのご結婚を意識されているのは間違いありません。直近では高円宮家の三女・絢子さまが2018年8月12日に一般の結納に当たる納采の儀を執り行い、2カ月余り後の10月29日に結婚式を挙げられています。来年5月に小室さんがフォーダム大のロースクールを卒業するのを待って、納采の儀を行い、30歳のお誕生日を前に挙式を行いたいというのが、眞子さまのお考えではないでしょうか」(同前)

「週刊文春」は8月13・20日夏の特大号で、佳代さんの借金は11月から順次、10年と定められた民法上の時効を迎え、2022年の1月には全て時効となると報じている。宮内庁関係者が推察する眞子さまが考えられているというご結婚の時期には、もう大半が時効になっているというわけだ。

「眞子さまが素直に耳を傾けられるのは、もう小室さんの言葉だけなのでしょう。コロナの第2波が来ている中、秋篠宮さまが皇嗣となられたことを内外に宣明する『立皇嗣の礼』も、開催のめどは立たないままです。11月には秋篠宮さまが誕生日を迎えられます。今年はコロナ感染の恐れがあるので、例年通り記者会見を行うのか、文書で質問に答えられることになるのか、不透明ではありますが、仮に秋篠宮さまが眞子さまにご結婚問題への対応を昨年のように再び促されたとしても、眞子さまが破談を選択される可能性は限りなくゼロに近いでしょう」(別の宮内庁関係者)

タイムリミットまで1年を切った

 女性週刊誌などでは、眞子さまが自らの意志で皇籍を離れ、一般人として小室さんと結婚される可能性に言及する向きもある。降嫁する女性皇族に支給される1億円を超える一時金を、眞子さまが放棄されるということが果たしてあるのだろうか。

「仮に眞子さまが来年秋のゴールインを見据えられているのだとすれば、ここからは秋篠宮ご夫妻と眞子さまのどちらが先に諦めるのかという、チキンレースとなるのです。秋篠宮さまが一度、『納采の儀を行うことができない』と公の記者会見で方針を示されている以上、秋篠宮さまご自身が『納采の儀を行う』と方針転換されない限り、納采の儀の実現はあり得ないわけです。であるならば、秋篠宮ご夫妻が『もう勝手にしなさい』と匙を投げて、『仕方がないので、納采の儀を執り行う』と方針転換することが必須なのです。そのタイムリミットまで1年を切ったというのが、現状なのだと言っても、決して言い過ぎではないでしょう」(同前)

 インターネットなどでは、眞子さまのご結婚問題がずるずると長引いている影響からか、問題を収束できない秋篠宮家全体に対して、厳しい意見が散見される。9月11日に54歳の誕生日を迎えられる母・紀子さまの“文書回答”にも注目が集まっている。ご家族も巻き込んだこの難局を、眞子さまはをどう乗り切るおつもりなのだろうか。

(朝霞 保人/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「眞子内親王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    エアロゾル警告を撤回「誤掲載」

    ロイター

  5. 5

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  6. 6

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  7. 7

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  10. 10

    韓国元教授 社会の野蛮性を危惧

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。