記事

自民党総裁選挙 党員投票を実施しないことの意味 安倍政権の批判封じ 石破茂氏が輝く

 安倍氏が辞任を表明、今月14日には次の総理を決めるための自民党総裁選挙があります。

 既に談合によって菅義偉官房長官が優位に立っているそうで、強いものになびく自民党の体質は、ここでも発揮されています。

 勝ち馬に乗ることがだけが自民党内での生き残りであるかのような体質は、そこに道理も正義もありません。

 そして菅氏の当選を確実にするために党員投票は実施しないということになりました。世論で支持の高い石破茂氏の支持が高くなることは目に見えており、そうなると談合選出が露骨にわかってしまうからです。

 でも、それは多くの自民党員の期待を裏切るとともに、欺して入党させたとも言えるものです。総理を選べるということで総裁選挙に参加できるというのは、入党を呼び掛ける際の勧誘文句の1つです。1票の重みは議員票に比べれば格段に低い意ですが、それでも前回の総裁選挙の際の石破氏の得票数をみれば、党員票は大きな傾向になって表れています。

▽安倍晋三候補

議員票:329票
党員算定票:224票
合計:553票
▽石破茂候補

議員票:73票
党員算定票:181票
合計:254票

 菅氏は、知名度はあっても安倍氏のような「人気」はありませんから、石破氏に負けてしまいます。だから党員投票をしないのであれば、普通は党員は怒ります。実際の党費は別の人が払っているのかもしれませんが、ますます国民との乖離が顕著になっていることを自民党は認めてしまったということです。

 「令和」という改元のとき、あたかも主役であるかのようにマスコミの前に顔を出し、一時は「令和おじさん」として認知度は上がりましたが、菅氏も欲が出てきたでしょう。しかし、「令和おじさん」など言っている層は、果たしてどれほどの政治的関心があるのか、多分、もう覚えていないでしょ。

 それに投票すらも行かない層かもしれません。そんな程度のことで確保できる支持はなく、令和おじさんの支持率は最初こそご祝儀支持率が得られるかもしれませんが、下落は時間の問題です。

 政策的にも行き詰まった安倍政権の政策を菅氏は承継するということは落日もそう遠くはありません。

2020年9月1日撮影


 ところで、石破さんは、安倍政権下での陰謀事件の解明に乗り出すことか。

石破茂が森友公文書改ざんや河井前法相への1億5千万円など安倍政権の疑惑を検証すると約束!『モーニングショー』で」(リテラ)

 本来、政権が変わるということは、こうでなければなりません。自民党内での椅子の奪い合いだったとしてもです。

 石破氏が輝いて見えます。以前は改憲を主張する単なる軍事オタクだとしか思っていませんでしたが、軍事オタクなりのプライドはあったわけで、筋を通す石破氏が輝いて見えるのはこのためです。

 これに対し、少なくとも談合選出によって選ばれるであろう菅政権では絶対に疑惑解明はありません。菅氏は安倍政権の路線を承継するそうですが、臭い物には蓋をするのが安倍政権の政策ですから、そんな菅氏は安倍氏がノーという疑惑について踏み込むことは絶対にしません。

 今まで自民党が党内の不祥事を浄化しようとしたことなど一度もないのですから、これで石破氏は、議員の支持は減らしてしまったかもしれません。

 党員投票を実施しないことで安倍政権への批判が顕在化しないようにする、本当に姑息です。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    在宅ワークの拡大で郊外は不便に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。