記事
  • ロイター

重度コロナ患者の死亡リスク、ステロイド薬投与で20%低下=試験


[ロンドン 2日 ロイター] - 重度の新型コロナウイルス感染症患者の治療で、副腎皮質ステロイド薬の投与によって死亡リスクが20%低下したことが、世界7カ国で実施された試験で示された。

ステロイド系抗炎症薬「デキサメタゾン」のコロナ治療での効果は他の試験でもすでに示されており、世界保健機関(WHO)がコロナ治療に関する提言を変更した。

今回の試験はブラジル、カナダ、中国、フランス、スペイン、米国の7カ国で実施。ステロイド系抗炎症薬ヒドロコルチゾン、デキサメタゾン、メチルプレドニゾロンの少量投与で、集中治療室(ICU)に入院している重症患者の生存率が改善した。

研究者らは「副腎皮質ステロイド薬を使用しない場合の生存率が約60%であるのに対し、使用した患者の生存率は約68%になる」と指摘。「ステロイド薬は安価で入手しやすい。分析からは重度患者の死亡率低下で効果があることが確認された」と述べた。

さらに「患者への臨床治療に利用できることが示された」とし、コロナ治療で安全にステロイド系抗炎症薬を使えるとの認識を示した。

6月には、英国の研究チームがデキサメタゾンについて、コロナ感染症が重症化して呼吸補助が必要になっている患者の回復に大きな効果が確認されたと発表。WHOは重症患者への利用に限るよう呼び掛けていた。

WHOの専門家は、副腎皮質ステロイド薬の投与によって「患者1000人当たり死者数が87人減少したことが示された」とし、WHOがコロナの重症患者へのステロイド系抗炎症薬の使用を「強く推奨する」という提言に変更したと明らかにした。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  5. 5

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。