記事

SNSの誹謗中傷を激減させる簡単な方法。投稿前に確認メッセージをチェックさせる

SNSでの誹謗中傷を激減させる超簡単な方法は、コメントや投稿する前に必ず「この投稿が悪質な場合には訴えられる場合がありますがよろしいですか?」みたいな確認メッセージを毎回出させればいい。
これで誹謗中傷は激減するのではないか。

SNSの投稿やコメントって脊髄反射でやっちゃうから誹謗中傷になっちゃう。
だから「一呼吸おいてから投稿しましょう!」なんていうけど脊髄反射でしてるんだから、一呼吸おくなんて無理。

だからシステム的に確認メッセージをチェックしないと投稿できないみたいにすればいい。

そしたら自動的に一呼吸おかざるをえない。
そしたら「ちょっと表現変えるか」とか「やめるか」みたいに思う人も多いのではないか。

たとえばブログとかってSNSより長い文章が一般的で、そこそこ考えて書き投稿してもすぐ見られるかわからないから、システム的に抑止力が働いてると思うんですけど、SNSの投稿、ないしはコメントって短い文章で流れてきたものに、何も考えず思ったことをさらっと書いて瞬時に反映!すぐ見られる!みたいになるから誹謗中傷が多くなるんじゃないかと。

テレビに向かって悪口言ってる感覚が、全世界に記録として残っちゃうのがSNSの投稿やコメント欄なわけです。

だからSNSの良さを殺すかもしれないけど、投稿する前の確認メッセージチェック欄を押してからでないと投稿できないみたいにすれば、だいぶ誹謗中傷は減るんじゃないかな。

あとはメジャーなSNSなら公的な身分証明書を提出しないとできないようにするとか。
そしたら激減するよね。自分の身元がばれるかもって思うから。

誹謗中傷するなって言っても無駄で、法制度も裁判制度もダメすぎて、そんなものを改善している間に誹謗中傷したもんがち、みたいな世界になっているわけだから、SNS側がシステム的に対応すればいいんじゃないいかなと。

ぜひメジャーなSNSは投稿前の確認メッセージを実装して欲しいなと思います。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  8. 8

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  9. 9

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  10. 10

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。