記事
  • ロイター
  • 2020年09月02日 15:35 (配信日時 09月02日 15:29)

インタビュー:総裁選、支持広がれば「未来につながる」 コロナ対応は長期戦=岸田政調会長


[東京 2日 ロイター] - 自民党の岸田文雄政調会長は2日、ロイターとのインタビューで「新型コロナ対応は長期戦を覚悟しなければならない」と述べ、検査体制の拡充を柱とする感染症対策や経済対策の両立が必要との考えを示した。自民党総裁選を巡って自身の劣勢が伝えられる中、「今回の勝負でどれだけ理解や支持を得られるかが大事」と語った。

安倍政権を巡って岸田氏は「経済でも外交でも大きな成果のあった7年8カ月だった」と評価した。一方で、コロナ禍の直撃に伴う国際社会の変化に対応する必要があると強調し、「経済、外交の2つの分野でどこを加えなければいけないか、変えなければいけないか。国民の理解と協力なくして結果を導くことはできない。国民の協力を引き出すリーダーを目指したい」と抱負を語った。

コロナ対応では「失業率が1%上昇すると自殺者が千数百人増えるとの民間機関の指摘もあり、ともに命のかかった問題だ」とし、感染拡大防止と社会経済活動の両立を訴えた。「必要な財政措置は思い切って行っておかないといけない」とも語った。

日銀に対しては「しばらく今の方針を基本的には維持しながら、状況に適切に対応してもらう気構えは持ってもらいたい」と述べた。「しばらくは経済状況は厳しいだろうから、各国とも金利を上げるのは難しい」との見通しを示した上で、「数年先には出口戦略、平時に戻していく姿を金融政策でも財政政策でも行っていく時点が来る。これに日本が遅れては国際的信用を落としてしまう」とも述べた。

財政健全化の方向性を示すなどして「国際的な信頼を維持する努力は財政面でも大事」との認識も併せて示した。

外交・安全保障分野では「引き続き日米同盟が基本となる」との見方をあらためて示す一方、中国について「東シナ海や南シナ海をはじめ一方的な現状変更を行うという試みに対しては、しっかりと物を言っていかないといけない」との考えも述べた。

出馬を正式表明した総裁選に関しては「勝負は1回1回が真剣勝負だと思っている」と強調。支持の広がりによって「それが未来につながるかも知れない」との認識を示した。

(吉田まゆ、イレイン・リーズ、山口貴也)

あわせて読みたい

「岸田文雄」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  7. 7

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  8. 8

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  9. 9

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  10. 10

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。