記事
  • ロイター

米民主の上院予備選、ケネディ下院議員が現職マーキー氏に敗れる


[ワシントン 1日 ロイター] - 11月の米連邦議会選挙に向け、マサチューセッツ州で1日行われた民主党の上院予備選で、ロバート・F・ケネディ元司法長官を祖父に、ジョン・F・ケネディ元大統領を大叔父に持つジョー・ケネディ下院議員(39)が現職エド・マーキー議員(74)に敗北した。

名門ケネディ家出身の政治家が同家とゆかりがあるマサチューセッツ州での連邦議会選挙で敗北するのはこれが初めて。

ケネディ議員が昨年9月に上院予備選への出馬を表明した際は、勝利が予想されていた。

ただ、マーキー氏は攻めの姿勢で選挙運動を展開し、急進派の代表格であるウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)やオカシオコルテス下院議員の支援も得た。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙の暫定集計によると、マーキー氏の得票率は55.4%、ケネディ氏は44.6%となっている。

マーキー氏は勝利宣言の演説で気候変動に緊急に対応する必要性を訴え、「環境破壊への歩みを止めなければ、平和も正義も繁栄もない。死活問題だ」と強調した。

マーキー氏が急進派の支援で勝利した一方で、マサチューセッツ州の他の予備選で急進派の候補は敗北を喫した。

ケネディ氏は負けを認めた上で、自身の支援者らは「現状に甘んじられる余裕はない」とし、国民皆保険や公民権の分野で改善を勝ち取るために今後も闘い続けると述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    孤独死は30代・40代の男性に多い

    PRESIDENT Online

  9. 9

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  10. 10

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。