記事

石破茂4.0を上回る最高点4.8は……? でもカギを握るのは二階俊博【ポスト安倍を辛口採点 篠原文也】

自民党総裁選「僕は安倍さんに『北朝鮮と一緒じゃないか』と怒った」田原総一朗が“ポスト安倍”を採点 から続く

 歴代最長となる政権を担った安倍晋三首相が8月28日、体調不良を理由に突然の辞任を発表。今後の焦点は「ポスト安倍」の行方に移った。コロナ禍、東京五輪、経済対策など課題が山積する中で、次期宰相には誰がふさわしいのか。

「文春オンライン」では、各界の識者に連続インタビューを行い、「ポスト安倍候補」を5点満点で採点してもらった。今回は、政治解説者の篠原文也氏に聞いた。


篠原文也氏 ©文藝春秋

◆◆◆

菅義偉 ★4.8 「弱点は派閥を持っていないこと」

 今、日本はコロナ禍のただ中にあります。この国難の非常事態が続く状況で、最も必要とされるのは「政権の継続性」です。その観点から、これまで安倍首相の側で政策を仕切ってきた実績のある菅さんはポスト安倍のなかで最も適任だと言えます。私は、前々から総裁選で菅さんが中心候補になる可能性があると申し上げてきました。

 菅さんは最近の自民党では数少ない叩き上げの「プロ政治家」です。世襲議員にはない経験に裏付けられた決断力と実行力、危機管理能力は政治家としての強靭性に繋がっています。

「アベノミクスが継続され、特に菅政権で成長戦略が進む」と市場、マーケットに好意的に見られているのも強みです。

 弱点は、内に自派閥を持たず、確たる政権基盤を有していないことですが、そこは関係が良好な二階俊博幹事長率いる二階派の協力を仰ぎながら政権を運営していくことになるのでしょう。安倍首相の下、長らく官房長官を務めてきたこともあって、菅さんには「軍師」のイメージがつきまといます。これをどう払拭するかも課題です。豊臣秀吉の軍師であった黒田官兵衛が晩年天下取りに乗り出したことと菅さんの姿が私には二重写しに見えます。

岸田文雄 ★4.2 「政治の軌道を直す役割」

 自民党が長いこと政権を担ってきた理由の一つが、政策イデオロギーの幅の広さです。保守的な考えのグループと、リベラルなグループが共存して政策をキャッチオール(包括)し、自民党内で疑似政権交代を繰り広げてきました。

 岸田さんはこれまで安倍首相の庇護のもとに置かれていたというイメージがありますが、岸田さんが首相になった場合、国民は安倍政権からの「変化」を感じとることができると思います。

 安倍政権は憲法改正や男系男子による皇統維持など、右寄りに軸足を置きながら政治を行ってきました。それに対して岸田さんは、宏池会という伝統的にリベラル色の強い派閥を率いています。一時は安倍首相からの“禅譲”が囁かれるほど安倍首相の期待を一身に背負った岸田さんですが、岸田内閣ができた場合は単に安倍路線を貫くわけではなく、随所に岸田カラーを出した政権になると思います。

 誠実な人柄と安定感には定評がありますが、問題は発信力の弱さ。党内には「平時の岸田」は今のコロナ禍のような「有事」には向いていないとの声もあります。

石破茂 ★4.0 「安倍政権のアンチテーゼがどこまで通用するか」

 石破さんが総理になった場合に期待できるのは、岸田さん同様、「政治が変わった」というイメージを国民にアピールできることです。しかし岸田さんと異なるのは、石破さんはこれまで安倍政権に対するアンチテーゼ的発言を繰り返してきたこと。いま「ポスト安倍候補」のなかで国民の人気が最も高いのが石破さんというのは、国民が“安倍政権的体質、手法”からの変化を強く望んでいるということでしょう。

 しかし、それが総裁選で吉と出るか凶と出るか。国民の支持を集めている半面、派閥も19人と少人数で国会議員からは人気がないというのが、石破さんの現状です。党内地盤が弱いなかで政権を握ったときに、国民の支持だけでどこまで維持できるかどうか、そこが石破さんの難点だと思います。

河野太郎 ★3.0 「課題は『精神的従容度』」

 河野さんは、自民党が野党の時の総裁選に1回出ていますが、現時点では総理大臣という一国のトップリーダーを務めるにはまだ少し早いのではないでしょうか。

 個人的には、幼い頃から知っている河野さんには頑張ってほしいと期待を寄せています。彼の最大の持ち味は、突破力です。それは外務大臣時代に過去最高記録である延べ123の国と地域を訪れた行動力にも繋がっています。

 問題は「精神的従容度」です。率直な物言いは評価できるところもありますが、すぐカッとなるところは直さねばなりません。

 特に河野さんの双肩には、祖父の河野一郎氏と父の洋平氏が成し得なかった河野家3代にわたる「天下取り」の悲願がかかっています。河野さんはフォロワー170万人のTwitterも相まって若年層を中心に人気が高まっていますし、将来性は大いにあるので、悲願達成のためにも今は力をつける期間にしたほうが良いと思います。

小泉進次郎 ★2.5 「本質に切り込む発言力を磨く時期」

 小泉さんも河野さん同様、将来性は非常にありますし私自身も期待をしているのですが、今ではないと思います。

 彼の最大の武器は発信力です。昨年は、国連の気候変動問題の会議での「セクシー」発言など、失言として受け取られるケースもありましたが、彼のストレートで歯に衣着せぬ物言いには昔から注目していました。

 2015年9月、私の主宰する勉強会「直撃!ニッポン塾」に小泉さんに参加してもらった際のこと。2015年はアベノミクスによって日経平均株価が一時2万円台を記録するなど第二次安倍政権の成果の兆しもみられた年でしたが、小泉さんは壇上で堂々と「本来、民間企業の賃金はその企業の経営者が全社的な判断で決めるべきものなのに(中略)どこまで国が口を出し、手を入れるべきなのか」「いろいろな人に聞いているが、よくわからない」と率直な意見を口にしました。

 これを聞き私はなるほどと感心し、彼は“株を上げた”と思いました。言葉を選びながらも本質に切り込む発言力は彼の強みだと思っています。

 その発言力・発信力を実のあるものにするために、いまはもっと経験を積み、本舞台に出る準備をするべきだと思います。なので、今回の総裁選に限っては2.5という点数です。

下村博文 ★3.0 「地味だが『体臭』を感じさせる政治家」

 私は菅さんを最も評価しましたが、菅さん同様に「プロ政治家」として評価しているのが下村さんです。

 下村さんが総裁候補として認められるには細田派のなかで下村さんに一本化される必要があります。今回はそれに至らず、出馬は見送られました。派内で総裁候補として認知されるまでのハードルをどう乗り越えるかが、下村さんの大きな課題です。

 しかし菅さん、下村さんのような叩き上げの政治家に共通しているのは、苦労した経験から発せられる「体臭」です。生き様ともいえます。下村さんは群馬県出身で、小学生の頃に交通事故で父親を亡くしました。交通遺児育英会の第1期生として高校と大学も卒業した苦労人なのです。

 今回の総裁選で名前の挙がった候補者では一番地味かもしれませんが、総理になると化ける逸材ではないでしょうか。今は評価が低いですが、評価が低いということは必ずしもマイナスではありません。ちょっとしたことで周囲の「やるじゃないか」というサプライズ効果が生まれます。

 自民党内で減りつつある「プロ政治家」の1人として、下村さんがいずれ総裁選に立候補するのは非常に意義があるのではないかと思います。

(篠原 文也/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。