記事
  • ロイター

米中小企業給与保護策、数十億ドルが不正利用か=下院委員会


[ワシントン 1日 ロイター] - 米下院の民主党議員を中心に構成される新型コロナウイルス危機特別小委員会は1日、中小企業支援策「給与保護プログラム(PPP)」を通じた不正な融資件数が数万件に達し、数十億ドルに上る可能性があるとの報告書を発表した。

報告書によると、融資枠6590億ドルのPPPを通じ、10億ドル超が複数の融資を受けた企業に提供され、PPPの規則に違反しているという。

また、政府が契約しているデータベース上で問題があると見なされた企業に対して、約30億ドルが融資されたとした。

クライバーン委員長は、トランプ政権は不正利用対策を強化すべきと述べた。

米政権と民主党指導部は新型コロナウイルス追加経済対策を巡り対立している。

ムニューシン財務長官は同委員会で、米経済は力強く回復しているが、政府による追加対策が必要と強調。トランプ政権は賃貸物件に住む4000万人の米国民を立ち退きから守る具体策について1日中に公表するとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  6. 6

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。