記事

9月1日(火)ムネオ日記

 昨日16時から安倍総理はプーチンロシア大統領と電話会談している。日露相方関係者の話によると、安倍総理は2018年11月18日のシンガポール首脳会談の合意を話し、プーチン大統領も2人の間の合意も踏まえて平和条約交渉を継続することを確認した。

 安倍総理の日露に賭けた決意と覚悟は揺るぎないものであったことが伝わってくる。

 安倍総理からプーチン大統領との友情をこれからも大切にしたいと述べ、プーチン大統領は退任後も安倍総理の活躍を願う。またお会いすることを楽しみにしていると話し、最後に安倍総理は「ウラジミール、スパシーバ(有難う)」、そしてプーチン大統領も日本語で「シンゾー、アリガトウ」と心のこもったやり取りをしており、2人の信頼関係が表れている。

 菅新政権の外交においても、安倍総理の果たす役割は重いと感じながら、ロシア、アメリカはじめ各国最高首脳が安倍総理の実績、功績を高く評価されていることを国会議員等しく考えるべきである。

 午後から山口宇部空港に向かい、17時半より内外情勢調査会宇部支部で講師を務める。明日も12時から内外情勢政調査会山口支部で講演をする。

当初、「日本を取り巻く国際情勢~北方領土問題を考える」が講演テーマであったが、安倍総理の辞任により私の見た安倍政権について国益に大きく貢献され、新しい歴史を作られたと話させて戴いた。

この時期に安倍総理の地元で講演できる巡り合わせを有難く思った次第だ。

自民党総裁選に岸田、石破両氏が立候補表明した。石破氏が「党員投票が行われず、極めて残念だ」と述べているが、途中で辞任があった時、緊急事態の時は両院議員総会で決めるのが自民党のルールである。

近くは小渕恵三総理が倒れた時、第一次安倍政権、福田康夫氏辞任の時も両院議員総会で決定した。

来年9月は党員参加での総裁選挙が行われる。今回は残りの任期についての総裁選挙である。

決められたルールの下で決まるのが民主主義である。このことを石破氏はどう考えているのだろうか。

※内外情勢調査会宇部支部講演


あわせて読みたい

「ウラジーミル・プーチン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  8. 8

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。