記事
  • SmartFLASH
  • 2020年09月01日 20:11 (配信日時 09月01日 20:00)

花田優一、バンクシーに「壁に文字書くのは俺のマネしてる」

 花田優一が、8月29日放送の『伯山カレンの反省だ』(テレビ朝日系)で、世界的画家バンクシーについて語った。

 バンクシーの展覧会を花田と神田伯山が体験。花田は画家としても活動しているだけに、バンクシーについて「絵の緻密さよりも『情報で人を遊ぶ』ということをアーティストで初めてやった」と持論を披露。

 街の壁に無断で作品を描く手法に、花田は「壁に文字書くのは俺のマネをしてる」とコメントした。

 十字架に貼り付けられたキリストが買い物袋を上げたバンクシーの「キリスト・ウィズ・ショッピング・バッグズ」を鑑賞した2人。

 花田が「あんまり好きじゃない。キリストを使うのはルール違反」と指摘すると、伯山から「お前が『貴乃花』使うのとルール違反感は同じ」とツッコまれる。花田は「貴乃花という名前は使いたくない。バンクシーを見ていて思うのは(自分も)名前出さないで、テレビも出ないでやっとけばよかった」と過去を振り返った。

 さらに花田は会場内に置かれたキャンバスに靴を描き、その上に「×」を付け「MAKE F●●king JAPAN」との文字を添えた。その意図は「この国で靴を作ることへの怒りを描きたかったけど(今まで)描けなかった」と告白。

 伯山が「靴を作れば作るほど、日本が俺を責めてくる。叩くことにふざけんなっていうことを1枚の絵にしているんでしょ」と解釈し、花田がそれを認めると、伯山は「これ、また炎上するね」と苦笑する。花田は「これは炎上することを求めています」と話していた。

 花田の靴工房には壁に「ゴミかカスか」「死にたいなら死ね」「俺は何者なんだ」などと書かれており、2019年1月3日放送の『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)で反響を呼んだ。

 花田は画家として個展も開いており、2018年12月26日のインスタグラムでは「18点の絵が完売致しました!ありがとうございました。今後とも作品を通して皆様とお会いできる日を楽しみにしてます」と報告。掲載写真の価格表から合計額は95万1000円の売り上げとなっている。

 靴職人はもちろん、画家としての今後にも注目だ。

あわせて読みたい

「花田優一」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  4. 4

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。