記事

ピエール瀧、ショーケン、勝新太郎 それぞれの俳優復帰の道

勝新はアヘン所持で書類送検(時事通信フォト)

 炎上や批判が起こりやすくなった昨今、復帰の舞台の選別は、かつての芸能界とは様変わりしている。たとえば俳優の場合、まずは動画配信サービスから地上波復帰を目指すケースが出てきた。

【写真】タバコを持ち細かい目のタートルネックセーターで見おろすショーケン

 ピエール瀧(53)がその例だ。2019年6月に麻薬取締法違反で懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けたが、「ネットフリックス」で来年配信予定のドラマ『全裸監督』のシーズン2への出演が決まっている。

「テレビはスポンサーがついているので、不祥事を起こした俳優を起用しにくい背景がある。一方、動画配信サービスや映画は“お客さんは自分でお金を払って見ているんだから文句はないだろう”ということで制作側も起用しやすいのです」(芸能レポーター・石川敏男氏)

 一方で、かつては地上波でいきなり復帰するパターンがあった。

 ショーケン(萩原健一)は、1983年に大麻所持で逮捕された翌年、ドラマ『宣告』(TBS系)で処刑の時を待つ死刑囚役として主演復帰し、話題を呼んだ。

 まったく謹慎せずに済ませた大物俳優もいた。

 勝新太郎は1978年にアヘン所持で書類送検されたものの、翌年にはハリウッドから世界配給された日本映画『影武者』の主演に抜擢。ただし、黒澤明監督と衝突して降板したため、ハリウッドデビューは実現しなかった。

「勝さんは不祥事の大きさよりも、スターとしての需要のほうが上だった。事件なんかより『とにかく勝新が見たい』という感じでしたね」(芸能レポーター・二田一比古氏)

※週刊ポスト2020年9月11日号

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。