記事

「退陣するなら今しかない」安倍首相が目論む"石破潰し"の算段

2/2

メディアの関心は早くも「ポスト安倍」に

産経を除き、安倍の業績評価については厳しい見方が多い。温かいねぎらいの言葉をかけてくれたのは、安倍が尽くし続けたトランプ大統領だった。

「『私の素晴らしい友人であり最大限の敬意を払う。彼にとって辞任はつらかったに違いなく、とても気の毒に思う』と話した」(朝日新聞デジタル8月29日 16時30分)

人心は移ろいやすい。わずか半日で、早くもメディアの関心はポスト安倍へと移ってしまった。

それも、「後継首相は、こうした憲法を軽んじ、統治機構の根腐れを生んだ『安倍政治』を、どう転換するのかも問われることになる」(東京新聞社説)「今回の総裁選では、安倍政権の政策的な評価のみならず、その政治手法、政治姿勢がもたらした弊害もまた厳しく問われねばならない」(朝日新聞社説)と、安倍政治を反省し、それから脱却せよというものが多い。

安倍首相はこれを読んで、「やれやれ、オレのやってきたことは何だったのか」と、妻の昭恵に愚痴っているかもしれない。

「悲劇の宰相」というイメージをつくり上げようとした

ところで、私はこのコラムで、FLASHに「吐血情報」をリークしたのは、反安倍ではなく、頑として病院へ行かない安倍の病状を心配して、「慶應大学病院へ行ける」環境づくりをしようと考えた人間ではないかと推測した。

どうやらその見立ては間違っていなかったと思う。今回の突然のように見える辞任が、その延長線上にあったのではないかと考えている。

安倍の持病である潰瘍性大腸炎が相当悪くなっていたことは、本人も会見で認めている。この病気は下痢と激しい痛みを伴うといわれる。

それを和らげるためにステロイドを使っていたようだ。だがステロイドには、「副作用としては、うつ病や顔がむくんだり、丸くなる満月様顔貌などの症状が出る可能性がある」(おおたけ消化器内科クリニックの大竹真一郎院長=週刊ポスト)そうだ。

そのためもあるのだろう、やる気がない、国会に出たくないと、安倍の気力が衰えてきた。辞任のふた文字がちらつき始めたのは、安倍のいう、再発の兆候が見られた6月あたりからではないのか。

だが、また任期途中で放り出せば、口さがないメディアに叩かれるのは必定。そこで、持病が悪化しているという情報をメディアに流し、持病の悪化のために断腸の思いで職を辞する「悲劇の宰相」というイメージをつくり上げようとしたのではないか。

二階氏主導の総裁選は“石破潰し”か

安倍は会見で、「辞任は一人で決断した」と語ったが、この絵を描いたのは安倍ではなく、誰か知恵者がいると思う。では、なぜ、このタイミングだったのか?

冬を見据えたコロナ対応策がまとまったからではないと思う。安倍がいうように、9月には改造人事をしなければいけない。自民党幹事長を現在の二階俊博から意中の岸田文雄にすげ替えるのは、十分な体力があっても難しいが、やらなければ自分の求心力が落ちていくのは間違いない。

10月には五輪中止が発表される可能性大である。解散・総選挙をやるなら、その前の9月中しかないが、やれば大敗するのは目に見えている。

自分の影響力を残し、後継者に自分の息のかかった人間を据え、院政を敷くには、たしかにこのタイミングしかなかったのである。その点では、うまくいったと、安倍首相と仕組んだ連中は、影でほくそ笑んでいるのではないか。

そこから透けて見えてくるのは、“政敵”石破茂に対する執念とも思える憎悪である。

安倍は二階に、総裁選を仕切ってくれるよう頼んだ。“古狸”である二階は、安倍の意を汲み、9月半ばに、自民党の全国の党員・党友による投票はやらずに、国会議員票と都道府県連に割り当てられた票だけで行うようである。

自派の国会議員はわずか19人しかいない石破が勝つには、圧倒的な支持がある党員・党友票が頼りだが、それをそっくり奪ってしまおうという“戦略”である。

永田町という“密室”だけで決めていいはずはない

石破はサンデー毎日(9/13日号)で、後継の決め方を問われ、こう語っている。

「国民、なかんずく党員が納得することが必要だ。自民党はずっと党員獲得運動を続けていて、党本部には『総力結集』『目指せ120万人』のポスターが大々的に張られている。私も幹事長経験者としてよくわかるが、党員獲得のセールストークは『あなたも総理が選べます』。(中略)総理は直接選べないが、自民党員なら総裁(=総理)を選べます、と言って党員を集めることが多かった。その権利が行使できないのなら何のための党員なのか、ということになる」

党員の声は世論である。それを無視して、永田町という“密室”だけで決めてしまっていいはずはない。それでは安倍政治からの決別にはならない。

私は石破がベストの宰相候補であると考えているわけではない。だが、安倍に忠誠を誓う岸田や、官房長官という女房役を長くやってきた菅では、安倍の影武者を据えるようなものである。

苦しい石破氏に残された「2つの道」は

もし、永田町のボス猿どもが党員たちの声を無視するならば、石破には2つの道がある。

下馬評で有力だといわれる菅義偉が選ばれても、選挙の洗礼を受けなければならない。もしそのまま何もしなければ、後任の任期は、党則で安倍が任期満了になる2021年9月までの「ワンポイント」でしかない。

石破は、菅政権には協力しないで、もう1年待つという選択肢がある。今一つは、自民党を出ていくという選択もあると思う。

彼は過去にも自民党と新進党と、2度離党した経験がある。だが今回は、圧倒的な国民の支持がある。

10人ぐらいの賛同する議員たちと新党をつくれば、次の総選挙では、どれくらい候補者を集められるかにもよるが、一大勢力になる可能性がある。反自民で野党と共闘すれば、天下人になるのも夢ではない。

威を借りていた官僚、メディアは断罪されるべきだ

ところで、8年近くの安倍政権で溜まった“膿”を除去することも、この機会に絶対やらなければならないことである。

安倍の威を借りて、やりたい放題、利権を貪ってきた官邸に巣食っている補佐官や忖度官僚たちを一掃する。

メディアも同様である。安倍と仲良しこよしであることを恥ずかしげもなくさらけ出して、安倍の代理人の如(ごと)く振る舞ってきた、政治評論家の田崎史郎、NHKの岩田明子などの罪は、断罪されるべきである。

安倍にすり寄ることで、大物ぶってきたメディアのトップたちも同罪である。

官邸記者クラブという、権力を監視するのではなく、権力と馴れ合うために存在している仲良しクラブを潰し、ジャーナリストすべてが出席し、質問のできる開かれた会見の場をつくることも急務である。

冒頭紹介した街の声のように、膨大な難問を散らかしたままで、またも政権を放り出した安倍首相の後始末は、安倍の色をすべて払拭し、一から出直す覚悟のある人間でなければ、認められないこというまでもない。

俳人の金子兜太が生きていたら、今すぐ、こう書いてもらうのだが。

「アベ亜流政治を許さない」

(文中敬称略)

----------

元木 昌彦(もとき・まさひこ)

ジャーナリスト

1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任する。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『a href="https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198630283/presidentjp-22" target="_blank">編集者の教室』(徳間書店)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)、近著に『野垂れ死に ある講談社・雑誌編集者の回想』(現代書館)などがある。

----------

(ジャーナリスト 元木 昌彦)

あわせて読みたい

「石破茂」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  6. 6

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  7. 7

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。