記事

「退陣するなら今しかない」安倍首相が目論む"石破潰し"の算段

1/2

各メディアは不気味なほど静かだった

「たくさんの問題が散らかったままだ」

これは、東京新聞(8月29日付)に載った、安倍の辞任を知った街の声である。

安倍首相が第一次の時と同じように、任期途中で政権を放り出してしまった。理由も同じ持病の悪化である。安倍が8月28日に会見を開くと、突然いい出した。今後のコロナ対策の方針と自身の体調について話すという。

すわ退陣か、各メディアは一斉に騒ぎ立てると思ったが、当日朝のほとんどの新聞は、短く会見があると報じただけだった。

読売新聞だけが、一面トップに「ワクチン、来年前半に全国民分確保へ」と、コロナ対策の全容を特報していたが、会見についての詳しい報道はなかった。私が知る限り、スポニチだけが「首相続投」へと書いただけだった。この不気味な沈黙が何を意味するのか、私には計りかねた。

私が「安倍辞任」を知ったのは朝日新聞デジタル(8月28日 14時50分)の速報だった。

驚きはなかった。「ようやく辞めたか」と思っただけだ。

安倍一強政権を倒したのは、野党でもメディアでも世論でもなく、前回と同じように、自らの内なる病だった。

2020年8月28日、東京都内の首相官邸での記者会見で演説する日本の安倍晋三首相
2020年8月28日、東京都内の首相官邸での記者会見で演説する日本の安倍晋三首相 - 写真=AFP/時事通信フォト

プロンプターも原稿も見ずに淡々と語った

会見はAbemaTVで見た。最初に感じたのは、「大叔父の佐藤栄作に似てきたな」ということだった。両頬のタレ具合がそっくりだ。

佐藤は辞任会見の時、新聞や民放を追い出し、NHKのカメラだけを残して、それに向かってしゃべり続けた。自分の身勝手な主張を延々と話し続ける姿は、独裁者の成れの果て、醜いと、テレビを見ていてそう思った。

安倍は、プロンプターも使わず、原稿に目を落とすこともなく、直前にまとめたコロナ対策について語り、その後、辞任の弁を話し始めた。

6月に再発の兆候があり、薬を投与されたが、8月に再発が確認された。新しい薬を投与されたが、予断を許さない。体調が万全でないために政治判断を誤ることがあってはならないと思い、辞することを決めた。

悩みに悩んだが、冬を見据えて、新体制に移行するならこのタイミングしかない。佐藤のように高ぶることもなく、淡々と語った。

記者から、レガシーは何かと聞かれ、東北の復興、400万人の雇用の創出、地球儀を俯瞰(ふかん)する外交などと述べたが、開始から20分ぐらいで、声がややかすれ、口が乾くのだろう、唇を舐めるようなしぐさをした。

拉致問題や日ロ交渉に進展がなかったことを聞かれ、「痛恨の極み」といった。

「私物化したのでは」の質問に怒気をにじませ…

総理の資質について問われると、首相という職務は一人ではできない、大事なのは「多くのスタッフや議員たちとのチームワーク」と答えたのが、安倍らしかった。辞任は一人で考えて決めたという。憲法改正、地方創生、核兵器廃絶、IT化の遅れ、メディア対策などについての質問が出たが、おざなりの答えしかしなかった。

少し怒気をはらんだいい方をしたのは、「政権を私物化したのでは」と聞かれた時だ。強い口調で「私物化をしたことはない」といい切った。東京五輪については、私の後任がしっかり準備を進めていかなくてはいけないと答えた。中止という考えはないようだ。

フリーの記者たちにも質問をさせた。だが、不思議なのは、安倍の在任中に拗(こじ)れに拗れた日韓関係と日中関係について、誰も質問しなかったことだ。

両国との関係は、これからの日本の命運を決めるかもしれない重要な問題である。安倍が、私のやり方は間違っていなかったというのか、至らないところもあったというのか、韓国、中国の要人たちもテレビを注視していたはずだ。

1時間の会見の中で、安倍から、任期途中で辞めることへの悔しさは感じられなかった。むしろ、ようやく辞められるという安堵の表情が垣間見えた気がした。

政権に近い2紙の評価は対照的だった

翌日の朝刊各紙を見てみた。スポニチの「アベNOレガシー歴代最長だけ」(29日付、11版)という見出しが一番的を射ていた。

安倍に近いといわれた産経新聞と読売新聞の論調が違うのが面白い。

産経は産経抄で、「『桜を見る会』をめぐる今となっては、どうでもいいようなスキャンダルでも新聞やテレビで連日とりあげられ、国会で叩かれれば、誰だってストレスがたまる」と、持病を悪化させたのはメディアの責任とでもいいたげな物言いである。さらに、「まあ、書かずもがなだが、まだ65歳。健康さえ回復すれば、郷里の大先輩、桂太郎の如く3度目もある」と、安倍が泣いて喜びそうなことをいっている。最後まで安倍のポチを貫くところは潔いというべきか。

読売新聞は、特別編集委員の橋本五郎が「総括 安倍政権」を書いている。そこで橋本は、支持率が落ちたのは、「モリ・カケ」問題や「桜を見る会」への対応の影響が大きかったとし、「そこで問われたのは一言で言えば、『正直さ』であり、誠実に答えていないと国民に思われたのである。

不支持の最大の理由が『首相が信頼できない』というのもこのことを裏付けている」さらに、「大事なことは、正直に政策意図を説明し、『仁王立ち』で国民を守ろうとする姿勢だったのではないか。そのことが欠如していたのではないか」と斬り捨てる。

そんな安倍に寄り添い、ご意見番になっていたのはあんたのところの主筆だったではないかといいたくなるが、早くも安倍離れということか。

あわせて読みたい

「石破茂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    視聴率優先でPCR推進するテレビ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    田原氏 菅首相の行政改革に期待

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。