記事
  • ロイター

気候変動、新型コロナより大きな経済的リスク=ECB専務理事


[フランクフルト 31日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は31日、新型コロナウイルス危機により、当初は金融政策と無関係に見える問題でも中央銀行が大きな役割を果たすべきであることが示されたとし、気候変動についても同様のことが言えるとの認識を示した。ロイターのインタビューに応じた。

同専務理事は「気候変動はわれわれが直面する課題で最も重大なものだ。おそらく新型コロナよりもはるかに大きい」と指摘。「新型コロナも、当初は金融政策と全く無関係だったが、最終的には金融政策と密接な関わり合いを持つに至った。同じことが気候変動にも言える。これが、中銀が気候変動を無視できないと考える理由だ」と述べた。

同専務理事は、監督当局を通じて金融機関に気候変動リスク評価を求めるほか、欧州連合(EU)に対し、進展が遅れているEU資本市場同盟(CMU)構想に気候変動に配慮する要素を付加するよう要請するべきとの考えを示した。グリーンファイナンス(環境に良い効果を与える投資への資金提供)に焦点を当てることは、EU資本市場に競争上の優位性を与えるとした。

同専務理事は以前、ECBがグリーンボンド(環境改善効果のある事業の資金調達のために発行する債券)の買い入れに傾斜することに懐疑的な見方を示していた。これについて同専務理事は「ECBは市場の中立性を重んじるべきとの見方もある一方、市場は気候変動リスクを適正に織り込んでおらず、ゆがみが存在するため、中立性は厳密には正しい指標ではない可能性があるとの見方もある」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  5. 5

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。