記事
  • ロイター
  • 2020年09月01日 11:36 (配信日時 09月01日 11:29)

米政権、ベネズエラ石油部門への制裁強化を検討=担当特使


[ワシントン 31日 ロイター] - 米国のベネズエラ担当特使、エリオット・エイブラムス氏は31日、トランプ政権が、近い将来にベネズエラの石油部門に対する制裁を強化することを検討していると明らかにした。ロイターの電話インタビューで語った。

一部の石油会社に原油と燃料の交換取引を認めている制裁免除措置を解除する可能性があるという。

トランプ大統領は、2018年に再選されたマドゥロ大統領の失脚を目指し、19年初めにベネズエラ国営石油会社PDVSAに対して初めて制裁措置を科して以降、PDVSAと同社の重要な海外提携先、顧客への制裁措置を強化してきた。大半の西側諸国は、18年の大統領選挙で不正行為があったとみている。

エイブラムス氏は「われわれの制裁は(マドゥロ)政権の収入を減少させるのに非常に効果的だが、さらに効果を高めることができると考えている。近い将来に制裁強化に向けた何らかの措置を取る」と述べた。

米国による制裁で、PDVSAは長期顧客のほとんどを失い、原油輸出は日量40万バレル未満と約80年ぶりの水準に落ち込んでいる。

しかし、マドゥロ大統領の権力を弱めるには至っておらず、当局者によると、トランプ氏は不満を募らせている。11月の米大統領選が近付いていることを踏まえ、石油・金産業への制裁などでベネズエラに対して一段と強硬な姿勢を取る構えだ。

ロイターは、米国が対ベネズエラ制裁の免除措置を10月に打ち切ることを検討していると報じていた。[nL4N2FM0AH]

エイブラムス氏は米国が取る措置の詳細を確認しなかったが、「昨年に導入された一部の免除措置の見直しを行っており、解除できると判断する可能性がある」と述べた。

一部の欧州やアジアの顧客は、昨年に米財務省が承認した特別措置の下、現金ではなく、ディーゼル燃料と引き換えにベネズエラ産原油を受け取ることが認められている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

  10. 10

    東京都で新たに565人の感染確認 28日連続で前週の同曜日を下回る

    ABEMA TIMES

    09月19日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。