記事
  • SmartFLASH
  • 2020年09月01日 14:18 (配信日時 09月01日 10:00)

594日ぶりに復帰「池江璃花子」自らハンドル握って水泳場へ

 8月29日、東京・辰巳国際水泳場でおこなわれた競泳の東京都特別大会。白血病からの再起を目指す池江璃花子は、女子50m自由形にエントリーし、594日ぶりに涙の復帰を果たした。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、池江はレース直前までほかの選手とは反対側のプールサイドで、マスクをしたまま待機していた。マスクを外して挑んだタイムは26秒32。全体の5位だが、目標としていたインカレの参加標準記録はクリア。

 レース後には「いちばんつらかった時期を知るマネージャーさんがウルっとしている姿を見て、もらい泣きしました。この場所で泳げて、自分のことだけど、感動した」と語った。

 一部報道によると、何かと不安に襲われる退院後の生活で、池江の気分転換は、家族とのドライブだったという。

復活を遂げた池江が会場を後にしたのは、17時すぎ。しっかりと黒いマスクを着用し、サングラス姿の彼女は、この日も愛車に乗りこむと、ハンドルを自ら握った。

 目標とする4年後のパリ五輪に向け、運転席からまっすぐ前を見つめる――。

あわせて読みたい

「池江璃花子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  9. 9

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  10. 10

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。