記事

ホノルルマラソンは茨の道 現地入り&帰国後で計28日間待機

遥かなるスタートライン(写真/GettyImages)

 今年で48回目となる「JALホノルルマラソン」(12月13日開催)のエントリーが8月11日にスタートした。昨年は約1万1400人の日本人が参加。絶大な人気を誇る大会の開催決行は、市民ランナーにとって朗報だったようだ。

 昨年で連続43回出場のフォークシンガー・高石ともや氏(78)が言う。

「大会中止でも、個人的にホノルルのコースを走るつもりでいたので開催は嬉しいですね。コロナに負けない意思を示すため必ず参加したい」

 しかし参加者がスタートラインに立つまでには過酷な現実が待っている。

 まず、日本からのハワイ直行便は9月末まで全運休が決まっており、10月以降の見通しも立っていない。

 さらにハワイ州は「14日間の自主隔離」を渡航者に義務付けている。この間は宿泊先から外出できず、違反すれば罰則もある。もしこの措置が開催時まで継続していれば、大会2週間前にハワイ入りする必要がある。また、日本に帰国してからも14日間の待機要請を求められる。

 そのため参加を諦めた市民ランナーも多い。

「4~5日有休を取るのも大変なのに、それ以上はとても休めない。それに大会エントリー料は中止でも返金されない。感染リスクもあるし、どうしても二の足を踏んでしまいます」(50代男性)

 ホノルルマラソン日本事務局の北村次郎代表は、「世界中で多くのマラソン大会が中止になるなか、走る楽しみ、喜びをランナーの方に提供したい。医療専門家のアドバイスを受けながら、様々な工夫や変更の必要性も踏まえて開催準備を進めています」と話すが、不確定要素はあまりに多い。

 メインスポンサーのJALにも対策を訊ねたが、「日々変わる新型コロナウイルスの状況を注視しつつ検討しています」とするのみだった。ランナーも運営側も笑顔でゴールを駆け抜けられるだろうか。

※週刊ポスト2020年9月11日号

あわせて読みたい

「マラソン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  2. 2

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  3. 3

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  4. 4

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  5. 5

    理不尽で苦しむ社会 半沢に共感

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  6. 6

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  7. 7

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  8. 8

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  9. 9

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  10. 10

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。