記事

ホノルルマラソンは茨の道 現地入り&帰国後で計28日間待機

遥かなるスタートライン(写真/GettyImages)

 今年で48回目となる「JALホノルルマラソン」(12月13日開催)のエントリーが8月11日にスタートした。昨年は約1万1400人の日本人が参加。絶大な人気を誇る大会の開催決行は、市民ランナーにとって朗報だったようだ。

 昨年で連続43回出場のフォークシンガー・高石ともや氏(78)が言う。

「大会中止でも、個人的にホノルルのコースを走るつもりでいたので開催は嬉しいですね。コロナに負けない意思を示すため必ず参加したい」

 しかし参加者がスタートラインに立つまでには過酷な現実が待っている。

 まず、日本からのハワイ直行便は9月末まで全運休が決まっており、10月以降の見通しも立っていない。

 さらにハワイ州は「14日間の自主隔離」を渡航者に義務付けている。この間は宿泊先から外出できず、違反すれば罰則もある。もしこの措置が開催時まで継続していれば、大会2週間前にハワイ入りする必要がある。また、日本に帰国してからも14日間の待機要請を求められる。

 そのため参加を諦めた市民ランナーも多い。

「4~5日有休を取るのも大変なのに、それ以上はとても休めない。それに大会エントリー料は中止でも返金されない。感染リスクもあるし、どうしても二の足を踏んでしまいます」(50代男性)

 ホノルルマラソン日本事務局の北村次郎代表は、「世界中で多くのマラソン大会が中止になるなか、走る楽しみ、喜びをランナーの方に提供したい。医療専門家のアドバイスを受けながら、様々な工夫や変更の必要性も踏まえて開催準備を進めています」と話すが、不確定要素はあまりに多い。

 メインスポンサーのJALにも対策を訊ねたが、「日々変わる新型コロナウイルスの状況を注視しつつ検討しています」とするのみだった。ランナーも運営側も笑顔でゴールを駆け抜けられるだろうか。

※週刊ポスト2020年9月11日号

あわせて読みたい

「マラソン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  8. 8

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  9. 9

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  10. 10

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。