記事

「この国を本気で改革するのなら、総理は40代じゃないと無理」橋下氏が語った理想の“ポスト安倍”とは

1/2

 28日の会見で「病気と治療を抱え、体力が万全でない苦痛の中、大切な政治判断を誤る、結果を出せないことがあってはならない」と述べ、総理大臣を辞任する意向を表明した安倍総理。翌29日のABEMA『NewsBAR橋下』では、様々な名前が取り沙汰されている“ポスト安倍”について議論した。

・【映像】6月に行われた橋下氏と安倍総理の対談の様子

■橋下氏「6月に対談した時、本当は大変な状態だったのでは」

 まず昨日の会見について、元宮崎県知事の東国原英夫氏は、「長い間、本当にお疲れさまでしたと申し上げたい。申し訳ないが、今まで一番、昨日の会見が感動した。プロンプターを見ずに自分の言葉で喋っていたし、質問にも丁寧に答えていた。言葉は悪いが、もうちょっと早くからこういう形で記者会見をやっていれば、見る目も違ったのではないか」とコメント。

 すると橋下徹氏も「本当に大変な状況だったんだな、お疲れ様でした、という言葉しかない。そして、確かにプロンプターというのはメッセージが熱を発しない感じがするから、使わずにやった方がいいとは思っていた。

今回の会見はそこが違ったし、最後の“国民の皆様、8年近くにわたりまして、本当にありがとうございました”という言葉が印象に残った。“安倍政権は独裁だ”とか言われてきたけれど、やっぱり民主主義の国の政治家というのは、こういう形で終わるということを見せられた気がした」と応じた。

 さらに橋下氏は6月20日に同番組で安倍総理と生対談したときのことにも触れ、「憲法改正について“なんとか進めていく”と言ったのを直接聞いて、熱を感じた。でも6月の定期検診で再発の兆候を指摘されたということだから、もしかすると大変な状態でお越しになったのかな、ありがたいなと思った」と語った。

■東国原氏「長期政権を目指すなら、自民党は党員投票の実施を」

 一方、安倍総理(自民党総裁)の後継を決める総裁選について、自民党は9月1日の総務会で形式や日程については決定する見通しで、党員投票は実施せず、国会議員などによる投票による両院議員総会で選出する可能性があるという。

 また、立候補者については岸田政調会長や石破元幹事長が意欲を示しているほか、菅官房長官、河野防衛大臣。さらには小泉進次郎環境大臣の名前も取り沙汰されている。

 東国原氏は「フルの総裁選でやれば石破さんだろうとみられているが、両院議員総会だけでは厳しいと言われている。そうなると岸田さんか菅さんになるということではないか。ただ、いずれにせよ来年の9月には再び自民党総裁選が行われることになるので、今回の総裁選で選ばれる人は1年だけの“リリーフ“だ。それは仕方がないとしても、その次は長期政権にしなければならない」と指摘する。

「安倍政権の最大の功績は長期政権だったこと。1年ごとに総理が変わっていた頃とは、国際的な信頼が違う。だからかつてのような時代に戻ることは避けたいし、むしろ与野党が政策を切磋琢磨しながら、3、4年ごとに国民が政権を選択する、二大政党制のような国にならないといけない。

とりあえず安倍政権の政策を引き継ぐだけでいいと悠長なことを言っていると、この1年の間に自民党の支持率は下がっていく可能性がある。11月のアメリカ大統領選ではバイデンが当選するかもしれないし、冬になればまたコロナが拡大するかもしれない。オリパラもある。来年の9月、どうなっているかわからない。

やっぱりコロナ後の社会はどういう社会になるのかを示して、少なくともコロナ対策と経済対策をしっかりやります、臨時国会を開いてコロナ特措法を改正します、くらい言う人じゃないと。だから僕は“橋下徹もありだ”と言っている(笑)。

こういう時期だからこそ、“党員投票を実施して、自民党は皆さんからの声を頂戴しますよ”、と言えば全然違うのに、その空気を読んでいないのか」。

 橋下氏も「やっぱり幅広く票を集めてリーダーになった人が力を持つので、僕も原則としては党大会で決めてもらいたいと思う。逆に言えば、野党だって代表選挙をしっかりやってほしい。立憲民主党の枝野さんは国会議員だけで決めようとしているようだが、そこは自民党と同じく、民意を感じ取ってないと思う。

ただ、小泉純一郎の秘書官を務めた飯島勲さんと対談させてもらったら、今は解散総選挙なんかできないから、とりあえず1年間のリリーフとして緊急的な方法で選んでおいて、来年9月の党大会で正式に選べばいいと言っていた。自民党の戦略として、それもありなのかなと思った」とした。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  2. 2

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  3. 3

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  4. 4

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  5. 5

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  6. 6

    理不尽で苦しむ社会 半沢に共感

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  7. 7

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  8. 8

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  9. 9

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  10. 10

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。