記事

党員投票について

私は、今回の総裁選に際して、党員投票を行うべきだとの立場です。私や地元の支部を通じて党員になってくださっている方が数千人います。その方々は自民党の評判が芳しくない時期も一貫して党員として支持してくれている方々です。それも「自分達こそが自民党を支え育てている」との自負を抱いているからこそです。その方達が納得して初めて、新しい総裁も政策の実施と選挙の指揮に万全を期すことができるんだと思います。

もちろん党則には「総裁が任期中に欠けた場合には、原則として、前項の規定により後任の総裁を公選する。ただし、特に緊急を要するときには、党大会に代わる両院議員総会においてその後任を選任することができる。」
と書かれています。

実際に過去の例をみても任期途中の辞職は(任期満了に伴いフルスペックの総裁選を行うことを前提に)簡便な方法で行われて来ました。党員名簿の確定や郵送等に時間を要するのも事実だと思います。そうなれば、内閣改造や党人事も遅れることになり、コロナ対応が後手に回る恐れがあるのも理解します。ただ「過去がそうだから今回もそう」と安易に飲み込んでもいけません。

今回は簡易な形で行うとしても、次回以降、任期途中の総裁選になった時も出来る限り党員の声を聞けるよう、例えばネット投票を可能にしたり、迅速に党員の選挙権を確認するために日ごろから党員名簿を適切管理したり、改善策を講ずべきです。

また、2008年がそうだったように、都道府県の代表者を決める際に各都道府県連が自主的に党員投票を実施できるよう、党本部が支援をしていくのも1つの考え方だと思います。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  6. 6

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。