記事
  • ロイター

消費者態度指数、8月は-0.2ポイント 基調判断は4月以来の下方修正


[東京 31日 ロイター] - 内閣府が31日発表した8月消費動向調査によると、消費者態度指数(2人以上の世帯・季節調整値)は、前月から0.2ポイント低下し29.3となった。内閣府の担当者は、調査が8月7日ー20日に行われ、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向にあった時期に重なると指摘、消費者のマインドがやや落ち込んだとみている。

内訳項目では「耐久消費財の買い時判断」が上昇した一方、「雇用環境」「暮らし向き」「収入の増え方」は低下した。

基調判断は前月の「依然として厳しいものの、持ち直しの動きが続いている」から下方修正し、「持ち直しのテンポが緩やかになっている」とした。下方修正は4月以来、4カ月ぶり。

1年後の物価見通しについては、「上昇する」との回答が前月より1.4ポイント増加。「低下する」は0.2ポイント減少した。

*内容を追加しました。

(浜田寛子)

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  4. 4

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  5. 5

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  6. 6

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。