記事

最年少二冠・藤井聡太は、羽生善治の打ち立てた記録にどこまで迫れるか 年間最多対局、最年少三冠、そしてタイトル通算99期 - 相崎 修司

1/2

 2020年8月20日はまたしても藤井聡太が将棋界に新たな足跡を残した記念の日となった。第61期王位戦七番勝負で木村一基王位を破り、先日奪取した棋聖に続いて王位を獲得した。

【写真】藤井聡太二冠と羽生善治九段の写真(9枚)をすべて見る

 18歳1ヵ月での二冠達成は、史上最年少記録である。羽生善治九段が1992年9月22日に21歳11ヵ月で達成した年数を大幅に更新した。また「タイトル2期獲得」の規定により、八段昇段。こちらも史上最年少の八段となり、加藤一二三九段の18歳3ヵ月(1958年4月1日に八段昇段)という年少記録を塗り替えた。


王位を獲得して最年少二冠となった藤井聡太 写真提供:日本将棋連盟

記録についてはまったく頓着している様子がない

 藤井本人は終局後のインタビューで以下のように語っている。

「対局に臨むに当たって、(年少記録は)まったく意識していなかったことではあるのですが、ヒューリック杯棋聖戦と王位戦、今年は2つのタイトル戦に出ることができて、その中で好結果を残すことができたのは収穫だったと思っています」

 今回の王位戦に限らず、藤井は自身の記録についてはまったく頓着している様子がない。自らの棋力を少しでも高めるという意識があるのみだ。その結果として記録は自然とついてくるものである。

 とはいえ、今後の藤井にどのような可能性があるのかというのも気になるところ。特に数字で示される記録は、盤上で藤井が見せる妙技と比べて、段違いにわかりやすいのも事実である。

 本稿では特に、将棋界のレジェンドである羽生善治九段がこれまで打ち立ててきた数多くの記録と比較して、藤井にどれほど更新の可能性があるのかを見ていきたい。

「最年少三冠」から全八冠独占まで

 藤井が今後タイトルをどれだけ増やしていくか。そもそも、これまで1期でもタイトルを保持した経験がある棋士は藤井を含めて45名いるが、そのうち二冠(同時に2つのタイトルを保持)を達成したのは、藤井が16人目となるので、一気に数が減る。三冠達成は9名、四冠は5名、五冠が3名。そして六冠と七冠は1人だけ。

 三冠以上の最年少○冠記録は全て羽生が持っている。

 最年少三冠は1993年1月6日、すでに持っていた王座と棋王に続き竜王奪取で達成。当時の羽生は22歳3ヵ月である。

 そこに棋聖を加えて四冠となったのが1993年7月19日。時に羽生は22歳8ヵ月。その1ヵ月後、8月18日には王位を奪取して22歳9ヵ月での五冠王となった。

 史上初の六冠王となったのは1994年12月9日で、24歳2ヵ月。そして七冠が1996年2月14日で、25歳4ヵ月である。

 現在は叡王戦が加わっているので、同時八冠の可能性があるわけだが、まず藤井が最速で三冠を達成する可能性があるのは来年の1~3月に行われる王将戦七番勝負だ。実現すれば18歳7~8ヵ月での三冠王となる。

 四冠目は来年の4~6月となる叡王戦、五冠目が9~10月の王座戦となる。五冠からは19歳を迎えることになる。

 六冠が10~12月の竜王戦で、七冠が22年2~3月の棋王戦。名人は最速で勝ち進んでも2023年4~6月のシリーズまでは登場できないので、最年少の同時八冠は20歳10~11ヵ月ということになる。

 無論、これはすべての棋戦を勝ち進んでのことであり、かつ同時に行われる防衛戦でもタイトルを守らねばならない。普通に考えれば机上の空論に過ぎないのだが、それでもあるいはとファンが期待するのが、藤井聡太という存在であろう。

タイトル99期は三冠王を33年続けなければ届かない

 前述の最年少○冠以上に、現時点では絵空事に過ぎないのがタイトル99期という数字である。仮に藤井が今年度に王将を奪取し、三冠王となっても、それを33年続けなければ届かないのが羽生の通算獲得タイトル数だ。33年後の藤井は現在の羽生の年齢を超えてしまうので、改めて羽生の凄さを思わせる。

 それでも敢えて絵空事に言及するのは、かつての羽生が不滅と言われていた記録を破ったからだ。羽生以前の通算獲得タイトル記録は、大山康晴十五世名人の80期。

 80期目のタイトル獲得は1982年4月8日に決着した第31期王将戦で、羽生が81期目を獲得したのは2012年7月5日の第83期棋聖戦なので、大山の記録は30年にわたって金字塔であり続けた。

 羽生が七冠を達成した(通算24期目)ころだったか、あるいはその数年後だったか、「羽生は中原(誠十六世名人)の記録(64期)は抜くだろうが、大山の記録には届かないだろう」という趣旨の文章を読んだ記憶がある。これは当時の羽生が評価されていなかったというよりは、それ以上に大山の記録が遥か彼方にあるものだと見られていたことの裏返しではないかと思う。

 羽生が通算81期目を獲得した直後に、記録更新はいつから意識していたかを聞いたことがあるが「考え出すと気が遠くなる数字ですから、現実的にあと1、2期になってから考え出したというところです」ということだった。

「記録は破られるためにある」といわれることもあるが、不滅の金字塔が30年の時を経て更新された。では同じことが再度起こっても不思議ではない、というのが通算獲得タイトル記録ではないだろうか。

 なお、羽生は現在竜王戦挑戦者決定三番勝負を戦っており、9月19日に行われる第3局で勝てば、「タイトル100期」をかけて豊島将之竜王との七番勝負に臨むことになる。

あわせて読みたい

「藤井聡太」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  4. 4

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  6. 6

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  7. 7

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  8. 8

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  9. 9

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

  10. 10

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。