記事
  • ロイター

鉱工業生産7月速報は前月比8.0%上昇、自動車寄与も先行きは鈍化へ=経産省


[東京 31日 ロイター] - 経済産業省が31日に発表した7月鉱工業生産指数速報は、前月比8.0%上昇し86.6となった。2カ月連続の上昇で、自動車関連の生産回復を受けて現行基準(2015年=100)で最大の上昇幅となった。もっとも8─9月は増産ペースが鈍化する見通しで、新型コロナウイルス感染拡大前の3月の水準に回復するには時間がかかりそうだ。

7月の前月比はロイターの事前予測調査では同5.8%上昇と予想されており、結果はこれを上回った。

自動車は前月比38.5%、タイヤなどその他工業が9.0%、ダイカストなど鉄鋼・非鉄金属が9.7%の増産となり、これらが指数の上昇に寄与した。

生産予測指数は8月が前月比4.0%上昇、9月が同1.9%上昇となった。

予測が実現しても9月の生産水準は91.8となり、3月の95.8を下回る見通し。経産省では「経済に感染症拡大の影響が残っており、7月の高めの生産上昇が続くほど需要は回復していない」、「感染拡大前の水準回復に時間を要する可能性がある」(幹部)とみている。

このため、経産省は生産の基調判断を、6月の「生産は下げ止まり、持ち直しの動きがみられる」から、「総じてみれば持ち直しの動きがみられる」に修正したものの、上方修正ではないと説明している。

企業の生産計画は実績よりも上振れる傾向があり、この影響を補正した8月の生産予測は前月比1.7%低下となっている。

(竹本能文、内田慎一 編集:田中志保)

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  5. 5

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  10. 10

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。