記事

小泉進次郎が先輩政治家に「お前なんか大嫌いだ」と言われて喜んだワケ

1/2

価値ある“人付き合い”をするにはどうすればいいか。小泉進次郎環境相は「陰口を叩いたり、腹の中で『進次郎ふざけるな』と考えたりする人は多い。だからこそ、面と向かって大先輩に『お前なんか大嫌いだ』と言われたとき嬉しかった」と語る。元自民党政務調査会調査役の田村重信氏が聞いた——。(第1回/全2回)

※本稿は、田村重信『気配りが9割 永田町で45年みてきた「うまくいっている人の習慣」』(飛鳥新社)の一部を再編集したものです。

田村重信氏と小泉環境相
田村重信氏と小泉環境相 - 写真提供=飛鳥新社

義理人情と浪花節が政治の世界では必要

【田村重信】私は40年以上にわたって政治の仕事に携わってきました。その間、数百人の政治家とやりとりしてきました。そのため、「この政治家のこの部分を学ぶべきだ」ということがたくさんあります。なかでも、とりわけ大切なのが「気くばり」。

政治に気くばりは欠かせないものです。大物であればあるほど、有権者や地元の応援者、マスコミ、他の議員や官僚、そして私のような職員にも気をくばってくれるもの。そしていま、気くばりができる現職の議員といえば誰かと考えたときに、真っ先に進次郎さんを思い描きました。

【小泉進次郎】それは恐縮です。単純に、お世話になった人に対して、何ができるのか。それだけです。でも、この対談を受けるべきではなかったのかもしれませんね。田村さん以外の人への気くばりを考えたら(※編集部注:当時から現在まで、小泉氏は「単独取材」を行っていない)。

【田村】ありがとうございます。それがある意味、進次郎さんならではの気くばりと感じます。そういった義理人情も大切ですね。

【小泉】そう、義理人情と浪花節。これは政治の世界では特に必要です。理屈ばかりこだわってもダメですね。

軽々しく相手の家族のことを聞かない

【田村】進次郎さんが人間関係で「最も大切にしていること」は何ですか?

田村重信『気配りが9割 永田町で45年みてきた「うまくいっている人の習慣」』(飛鳥新社)
田村重信『気配りが9割 永田町で45年みてきた「うまくいっている人の習慣」』(飛鳥新社)

【小泉】私の両親は、私が一歳のときに離婚しています。だからそのことを理解してからは、五月の「母の日」に同級生が「お母さんに手紙を書いた」などといっていると、なんとなく肩身が狭くなったものです。

【田村】近年は一人の親家庭も増えています。

【小泉】だからこそ、一人親家庭が少なくないことを忘れてはならないと思います。私には軽々しく相手の家族のことを聞かないという癖がついています。どんな話が心の傷をえぐるようなことになるか分からないからです。私自身、子供のころから心ない言葉に傷ついてきましたから……。

【田村】確かにずけずけとプライベートのことなどを聞いてくるような人が多い。

【小泉】よくそんな心の傷をえぐってしまう可能性がある質問をできるな……と感じてしまうこともあります。できるだけ顔に出さないようにしているけど、デリカシーのない人だなと思いますよね。

「小泉くんのお父さんは政治家だから仲良くしておきなさい」

【田村】嫌なことを聞かれても、その場では笑顔で対応できる。それが進次郎さんの人気の理由の一つなのかもしれませんね。

【小泉】中学校のときのことで、いまだに忘れられないことがあります。私は小学校から大学まで関東学院に通っていました。そのため小学校から中学校に進学しても、基本的に友達は変わりませんが、外から新しい同級生が入ってきます。そんな新しい同級生の一人に、以下のようにいわれたのです。

「ねえねえ、小泉くんだよね? お母さんが『小泉くんのお父さんは政治家だから仲良くしておきなさい』というから友達になろうよ」

【田村】あまりにも露骨な言い方ですね。

【小泉】だから怒りを通り越して、この同級生から何か大切なことを教わった気がしました。世の中は私をそう見ているのかと……。

その後、私が大学生になると、父・純一郎が総理大臣になった。すると「小泉進次郎」ではなく、「小泉総理の息子」と見られました。

さらに兄・孝太郎が芸能界に入りました。そうすると「小泉総理の息子であり、孝太郎の弟」と見られるようになり、私のことを「小泉進次郎」と見てくれる人は誰なんだろうかと思った。小学校からの友達は、私を「小泉進次郎」と見てくれて、それ以前と変わりなく付き合ってくれました。だから私はいまも彼らのことを大切にしています。

【田村】人と付き合ううえで、それは大事なことですよ。

【小泉】いま私は様々な分野の有名人と会う機会がたくさんあります。有名人特有の苦労は想像つくし、きっと似たような経験をしている人も多いと思う。

【田村】確かに有名人特有の苦労はありますね。私が政務調査会室長として、政調会長の橋本龍太郎氏に仕えていたとき、毎日多くの人が面会に訪れるものだからビックリしました。次期総理と見られていたのだから当然なのかもしれませんが。

人一倍応援してくれる人ほど人前で話しかけない

【小泉】政治家には支援してくれる人が大勢います。ただ、支援者の中には講演会などのときにも、私のそばには来ないし、話しかけてもこないのに、人一倍熱く応援してくれる人がいる。幼馴染(おさななじみ)も同様です。言い換えると、人前で仲が良い姿を見せないのです。なぜかというと、自分が近くに行って話しかけてしまうと、他の人が声をかけにくくなってしまうから。

小泉進次郎氏
(写真提供=飛鳥新社)

【田村】「他の人はいまこの瞬間しか会えないけど、私はいつでも会える。だからいま話しかける必要はない」と考えるわけですね。

【小泉】そのとおりです。人から気くばりを学びますね。よく知らない人に限って「小泉は私の友達だ」というような人もいます。一度しか行ったことがない店を常連というようなものですね(笑)。

【田村】見栄を張るわけですね。そういえば一度写真を撮っただけで、「この政治家とは顔見知り」という人もいます。

【小泉】たくさんいますね。政界に限らず有名になると、親戚や友達が増えるというのは本当です。よく知らない人が私の友人を名乗っていることもあります。だからこそ、私は「本当の意味での友達」を大切にしようと心掛けています。

周りが全員敵でも支えてくれるのが“真の友”

【田村】進次郎さんはインタビューで、友達100人できるは嘘だ、100人ときちんとした付き合いができるわけがないといっています。

【小泉】はい、昔から私はそういっています。童謡「一年生になったら」は「ともだちひゃくにんできるかな」という歌詞です。しかし、友達は100人もいりませんから。もちろん、友達には様々な定義があると思います。しかし、濃い付き合いとなると、絶対に100人も付き合えない。

【田村】本当に大切にできる友達という意味では、100人は無理ですね。

【小泉】そうなのです。だから小学校で子供たちがあの歌を歌うときは、友達とは何かを考えるきっかけにしてほしい。

【田村】きちんとした付き合いとは、具体的にどんな付き合いですか?

【小泉】説明するのは難しいですね。この世界にいると敵も少なくありません。ただ真の友は、仮に周りが全員敵でも、最後まで私を支えてくれると思える友達です。

【田村】それから人付き合いは距離間も重要です。あまり親密になりすぎて、しょっちゅう一緒にいると仲が悪くなることもあります。私が仕えていたころの橋本龍太郎氏は、頭の後ろで手を組んで、宙を見つめていることがありました。おそらく人と会って疲れていたのだろうし、何か考え事をしていたのかもしれません。そんなときは何か用事があっても、なるべく話しかけないようにしました。これは私なりの気くばりでした。

社会に出てからでも友達はつくれる

【田村】昨今、SNSでつながることがステータスになってきていますが、その点についてはどう考えていますか?

【小泉】もちろん、SNSでつながっているだけで友達だというのはあり得ないでしょう。

【田村】そう思います。でも、SNSで少しやりとりをしただけで、「田村さんは私の友達だ」というような人がときどきいますね。

【小泉】SNSでつながって、ネットワークを広げるのは素晴らしいことだと思います。私自身も、SNSのおかげで新しい情報を得られたり、学んだりすることができます。とはいっても、やはりSNSは友達とは別です。ただ、社会に出てからでも、友達といえる人との出会いはありますね。ひょっとしたら学生時代に友達に恵まれなかった人もいるかもしれません。だからといって、この先友達を作る機会がないかというと、それは違う。人間関係の面白いところです。まずは人と向き合うこと。それが最高の友達を作る第一歩です。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  5. 5

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  10. 10

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。