記事

安倍総理辞任、総裁選を受けて

1/2

一昨日、国会から地元に戻る道中で安倍総理の辞任報道に接し、驚くと同時に、私が7年8カ月も国会で働くことが出来たのも安倍総裁の下で3回の選挙に勝たせて頂いたからであり、感謝の思いを強く感じます。諸外国でも元首相や大統領が現職時の人脈と知名度を活かして外交の場や市民運動の場で活躍しています。安倍総理にはまずはゆっくり静養されて体調を万全に戻し、再び檜舞台で輝いてもらいたいと思います。

また、党内では総裁選に向けた動きも活発になっています。現時点では候補者が出揃っているわけではありませんが、私は「改革」と「実務能力」を発揮できる人が次の総理に相応しいと思います。

人口減少などかつてない大胆な対策を実施しなければ好転しない課題を我が国は抱えています。企業が現預金を貯め込まず積極的にビジネスに投資できる政策もこれまで以上に求められます。コロナ禍で日本の企業経営者がより一層リスク回避に傾かないか心配です。コロナ禍で露わになった日本のアナログ慣行も政治の意志で見直さなければなりません。首相には過去のしがらみに囚われない改革マインドは必須です。

同時に、今はコロナ対応の途上です。政府はコロナで通常より1カ月遅れた予算編成の真っ最中であり、大きな政策変更は現場に混乱をもたらす可能性があります。少なくとも来年度予算は現体制での政策を踏襲しつつ、コロナ対応を含め状況に応じて政策も微修正しうる手堅い実務能力も次の総理には欠かせません。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。