記事
  • ロイター

バイデン氏、ポートランドでの暴力を非難 「トランプ氏が扇動」


[デトロイト 30日 ロイター] - 米民主党の大統領候補に指名されたバイデン前副大統領は30日、オレゴン州ポートランドで起きている暴力は容認できないとした上で、トランプ大統領が暴力を「無鉄砲にあおっている」と非難した。

米国では、5月にミネソタ州で黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡した事件以降、人種差別や警察の暴力に抗議するデモが拡大。

ポートランドでは約3カ月にわたり連夜デモが行われており、29日には、デモ参加者と対抗するグループとの衝突で男性1人が銃で撃たれて死亡した。

バイデン氏は声明を発表し、「左派、右派を問わず、あらゆる暴力を非難する。トランプ氏もそうすべきだ」と表明。「国民同士が敵対する国になってはならない」と訴えた。

その上で「トランプ氏は米国社会において憎しみと分断をあおり、自らの支持者を駆り立てるために恐怖の政治に訴えることを続ければ、何が起きると思っているのか。彼は無鉄砲に暴力をあおっている」と批判した。

トランプ陣営のシニアアドバイザー、ジェーソン・ミラー氏はツイッターで、バイデン氏は「何カ月にもわたり傍観し、民主党が率いる都市での暴力や混乱を非難することを拒否してきた」と反論した。

トランプ大統領は今回の選挙戦で、自身の支持者を意識して「法と秩序」を強く打ち出している。

バイデン氏の陣営によると、同氏は31日にペンシルベニア州南西部を訪問し、都市の混乱やパンデミック、経済の混乱など、トランプ政権下で米国民が直面する安全面の課題について演説する。

トランプ氏は黒人男性が警官に銃撃されデモが続いている中西部ウィスコンシン州ケノーシャを9月1日に訪問する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  4. 4

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  7. 7

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  8. 8

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  9. 9

    孤独死は30代・40代の男性に多い

    PRESIDENT Online

  10. 10

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。