記事

石破茂という政治家

  安倍後継候補の1人である石破茂との思い出話を書いてみる。

  石破茂も私も専門が安全保障なので、自民党の外交防衛政策の立案に共同して当たったが、学者的な理論を展開して、仲間の政治家に煙たがらた「嫌われ者」という点でも私に似ている。

  自民党の新憲法起草委員会(2005年)では、第9条の改正について、「国防軍」案の石破と「自衛軍」案の私が対立する。石破は、私に対して『あんたは、それでも学者か、論理の整合性がないではないか』と噛みついた。私も負けておれないので、『あんたは、それでも政治家か。9条を一日でも早く改正することが大事ではないのか』と反撃したのである。  

 私が厚生労働大臣として仕えた福田内閣、麻生内閣では、石破は、それぞれ防衛大臣、農林水産大臣の役職にあり、二人で協力して国政を進めた。予算委員会では、私に質問が集中すると石破が一休みできるし、逆に石破が答弁席に立つと私が息抜きできる。そこで、委員会が終了すると、「明日は君に質問が集まることを祈る」と相互に牽制しながら別れるのが常であった。

 鳥取県の石破の選挙区にもよく行った。寒い時期には、夜になると二人で蟹を食べながら、談笑したものである。

 私は、自民党が下野した後に、新党改革を立ち上げたが、2013年の参議院選挙では、立候補しないことを決めた。その過程で石破幹事長と電話で何度も協議をした。石破は私が国会にとどまることを希望したが、私が東京や神奈川の選挙区から立候補すれば、自民党や公明党の候補者が落選する危険性が高まる。それは、幹事長としての石破の立場を損なうことになってしまう。石破を困らせたくないという思いが、国会を去る決断をした理由の一つである。

 そのまた半年後、私は都知事選挙に立候補するが、小雪の舞う寒空の下、石破も応援に駆けつけてくれた。背広姿で街頭演説をしながら石破は震えている。下着を着込んでいたので私は、「これくらいの寒さで参るとはあんたも年取ったなあ」と冗談を言って労をねぎらったものである。

 石破の演説の内容は、区会議員が使うような細かいデータで散りばめられている。「○○区は、高齢者比率が○○%、待機児童が○○名、木造密集地域が○○町と△△町にある」といった具合で、それは幹事長として候補者の応援に出向く度に覚えたものだという。面白いのは、石破の両手に細かい数字がぎっしりとボールペンで書き込まれている。マイクを持つ手に視線を落とせば、カンニングペーパーがあるという具合だ。だから、寒くても手袋は禁物となる。

 ところで、田中角栄の薫陶を受けたにしては、石破ほど政治家らしからぬリーダーもまた少ない。派閥を作るとか、金集めをするとか、部下に兵糧をばらまくとか、そういうことに長けていない。そこで、周囲に人が集まらず、「人望がない」などと陰口をたたかれる。

 しかし、政策立案能力、風格からして、日本のリーダーにふさわしい人材である。私が都知事を辞任した後、石破は「最近の日本は、少しおかしいのではないか」と私に語った。「だからこそ、君がしっかりとしてくれないと困るんだ」と、私は叱咤激励の言葉を返したのである。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  5. 5

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  6. 6

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  7. 7

    有事の企業経営 JALとANAで明暗

    細島 誠彦

  8. 8

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    兼近 元NGT山口さんの件は大きい

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。