記事

【続】沖ノ鳥島近海における海洋調査

1/2

 1ヶ月前くらいに書いた「沖ノ鳥島近海における海洋調査」のエントリーはアクセス数が多く、関心の高さを感じました。ですので、少しだけ補足しておきたいと思います。

 簡単に纏めると、中国の主張は「沖ノ鳥島が日本の領土である事は否定しない。なので領海を持つ事は当然。しかし、沖ノ鳥島は、国連海洋法条約上、排他的経済水域や大陸棚を有する事が出来る『島』ではなく『岩』だ。なので、沖ノ鳥島を基点とする(領海を越えた)200カイリ水域はただの公海。うち(中国)が何しようとグダグダ言われる筋合いではない。」という事です。

 南沙諸島では、(領海すら持たない)低潮高地のサンゴ礁に巨大な人工物を積み上げて権利を主張しているくせして何言ってんの?という気はしますが、今日はそこは取り上げません。

 先日のエントリーでも書いた通り、日本は国連の大陸棚延長申請に関する大陸棚限界委員会から出た勧告で、沖ノ鳥島を基点とした大陸棚の延伸を認めさせています。この地図における四国海盆海域(左上の紫部分)の大陸棚については日本の大陸棚として完全に確定しています。そして、国連の勧告では、沖ノ鳥島を基点とした大陸棚延伸も四国海盆地域の権原の根拠となっています。とても簡単に言うと、「国連の勧告では沖ノ鳥島は大陸棚を持つ事が大前提となっている。」という事です。

(ちょっと話が飛びますが、この地図の真ん中にオレンジ色の小笠原海台海域及び南硫黄島海域という2つの海域があります。これも日本の大陸棚と認められているのですが、関係国との調整が必要な海域となっています。この関係国とは実はアメリカです。北マリアナ諸島最北端のファラリョン・デ・パハロス島からの大陸棚延伸とぶつかる可能性があるので、アメリカと調整しなくてはなりません。ただ、この8年間、全く進みませんでした。安倍政権を詰る意図は無いのですが、「何やってんのかな?」という気にはなります。)

あわせて読みたい

「沖ノ鳥島」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  5. 5

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。