記事

南野陽子、江口のりこ、西田尚美 『半沢直樹』女優陣の魅力

南野陽子が副社長役を演じきった

 高視聴率が続いているTBS系ドラマ『半沢直樹』。それを支えるのは、強く美しい女性たちが多数登場することも一因だという。今作に登場する女優たちの魅力を、放送作家の山田美保子さんが分析する。

【写真】ショートボブ、パールのネックレスをして鎖骨の出たカットソーを着た江口のりこ

 * * *

南野陽子サンの見事な「イヤ~なカンジ」感にしびれた

「スカッとする発言、半沢(直樹)の口調、かなり厳しかったじゃないですか。半沢がトラブルとか、人に真正面から向き合っていく姿勢、日曜の夜に見ると、月曜日も仕事、頑張ろうと思いません?」

 とは、『はやドキ!』(TBS系)MCの皆川玲奈アナウンサー(29才)。山形純菜アナウンサー(26才)も食い気味に「過激になってますね。勇気をもらえるんですよね」と同調していました。TBSの女子アナさん、そんなにツライ日々なんでしょうか(苦笑)。確かにメイン番組を他局出身の女子アナさんに仕切られてしまって久しいですものね。その“代表”ともいうべき、『あさチャン!』(同)の夏目三久サン(36才)は、『日曜劇場 半沢直樹』(同)7年ぶりの続編にも『東京中央銀行』のイメージキャラクター役で出演されています。

 女性では、半沢の妻役の上戸彩サン(34才)も引き続き出演中。男社会の意地のぶつかり合いと嫉妬合戦(←なぜ、「嫉妬」って女偏なんでしょうね。男のそれの方がひどいのに)が渦巻く同作の中で“一服の清涼剤”として人気を博していらっしゃいます。

「平成のドラマ」でも視聴率No.1を記録した『半沢直樹』は、「令和のドラマ」でもダントツの高視聴率を記録し続けています。初回から第5話までは22.0%、22.1%、23.2%、22.9%、25.5%(ビデオリサーチ・関東地区の世帯視聴率)。第6話は裏に『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)放送後、特に強さを発揮する『行列のできる法律相談所』(同)があっても、24.3%と、文句ナシの数字でした。

 私も初回から楽しみに拝見していますが、まず思ったのは「うわッ、今田美桜チャン(23才)、また出てる」ということでした。

 実は美桜チャン、今年1月にオンエアされた『半沢直樹 スピンオフ企画 狙われた半沢直樹のパスワード』にヒロインとして登場していたのです。同クールでは『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)にも出ていたし、8月スタートの『親バカ青春白書』(日本テレビ系)にも。コロナ禍で連続ドラマの撮影スケジュールがメチャメチャになる中、どの作品にも涼しいお顔でご出演。

 また、『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系)を思わせる「ジャンボ宝くじ」のCMに妻夫木聡サン(39才)や矢本悠馬クン(29才)と出たり、「ユニクロ」ではオシャレさんとしてトレンドのシフォンプリーツロングスカートなどを見事に着こなしていらっしゃる、CMクイーンでもあるのですから、恐るべしです。

 でも、若かりし頃、今田美桜チャン以上に引っ張りだこだった正統派アイドル、「ナンノちゃん」こと南野陽子サン(53才)が『半沢直樹』で『電脳雑伎集団』の副社長役として見事な存在感だったことにはしびれました~。大きな商家出身で、幼い頃から使用人に囲まれて育ったという彼女の設定は、兵庫県出身で、芸能界では“お嬢さま”の部類に入るナンノちゃんと見事に合致。台本は標準語だったそうですが、監督さんやスタッフさんと相談した結果、関西弁で、あのイヤ~なカンジを醸し出したといいます。もちろん、ナンノちゃんが演じれば、「おばちゃん」ではなく「神戸マダム」ですよね。ナンノちゃんも「おばさま」を意識したといいます。

江口のりこサン、西田尚美サンの「鉄の女」ぶりに注目

 濃くて“顔芸”とも言うべき大きな演技をなさる俳優さんが大勢出ているせいで、「あぁ、男社会ってタイヘンなのね」と少々引いて見ていた女性視聴者が、南野陽子サンの登場で、グッと画面に引き寄せられたのは事実。

 さらに、江口のりこサン(40才)の女性大臣、西田尚美サン(50才)の銀行ウーマンが出てくる後半戦には、多くの女性視聴者が沸いているのではないでしょうか。

 江口のりこサンを大臣役って、ものすごいキャスティングだなと思いました。見た目どおり、個性的な役が多かった女優さんでしたし、『ぴったんこカン★カン』(TBS系)で仲よしの吉田羊サンと出てきては、本気で(!)安住紳一郎アナ(47才)にアプローチするような、女性的な面も拝見していたのでね。

 でも、スリムな体形に白の“議員スーツ”が本当によくお似合い!! その格好でスタジオの廊下を歩いていたら「役者の友達」(吉田羊サンでしょうか)から「田中眞紀子さん(のイメージ)?」と言われたと番宣VTRで明かした江口サン。

 その模様を見ていた『グッとラック!』(同)の立川志らくサン(57才)は、「襟を立てると蓮舫さん(52才)、立てないと田中眞紀子さん(76才)」と自論を展開。街頭インタビューでは、「(元・イギリス首相のマーガレット・)サッチャーさん(享年87)」や、「(元アメリカ合衆国国務長官の)ヒラリー(・クリントン)さん(72才)」という声もありました。江口サンご本人は、特に誰かをイメージしているというワケでもないそうで、横にいた堺雅人サン(46才)もオリジナリティーを強調されていました。

 でも、これだけ濃いキャラの国内外の女性政治家を思い浮かべる視聴者の皆さんが多いということは、江口“国土交通大臣”、大成功ですよね。ちなみに江口サンは、9月スタートのTBSドラマ『キワドい2人 -K2- 池袋署刑事課 神崎・黒木』にも出演。『半沢直樹』後は、さらなるオファーが増えそうな予感です。

 そして西田尚美サンです。私の世代だと「モデルさん」のイメージが強いのですが、女優さんに転身して今年で27年。気がつけば、著名な監督や演出家からオファーを受け続けるバイプレーヤーです。チャーミングなルックスゆえ、実年齢よりも若く見えるかたではありますが、プライベートで妻でもあり母でもあるからでしょうか。生活感のある庶民的な役どころがこれまで多かったように思います。

 もっとも印象的なのは、唐沢寿明サン(57才)版『白い巨塔』(フジテレビ系)の看護師さん役。ああいう芯の強い筋の通った役がお似合いです。

 で、今回、『半沢直樹』では、「鉄の女」の異名をもつタフ・ネゴシエーターの銀行ウーマン。あ、こちらも「サッチャーさん」に近い、強い女というワケですね。

 当初、『半沢直樹』の“お楽しみ”は、香川照之サン(54才)、市川猿之助サン(44才)、賀来賢人サン(31才)、そして「特別出演」の北大路欣也サン(77才)という、奇しくも揃って「暁星学園」出身の俳優さんたちを見ることでした。

 ほかにも、関西ジャニーズJr.出身の粟島瑞丸クン(38才)や、愛する(!)池田成志サマ(57才)らにもドキドキする予定だったのですが、それ以上に濃ゆい女優陣に目を奪われたまま後半突入。

 女性たちの「倍返し」に注目です。

※女性セブン2020年9月10日号

あわせて読みたい

「半沢直樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  8. 8

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。