記事

対面はもう盛り上がらない?「オンライン婚活」の長所と短所

コロナ禍でオンライン婚活が密かなブーム(写真はイメージ)

 新型コロナウイルスの影響で、不要不急の外出禁止や三密の回避など、生活様式は大きく変化した。それは婚活市場でも同じ。大手マッチングサイトや結婚相談所がこぞってオンラインでデートなどができる新サービスを打ち出し、利用者は右肩上がりに増えている。なぜこれほど人気を博しているのか、オンライン婚活のメリットやデメリットについて、専門家に聞いた。

 まず、オンライン婚活をする人にはどんな傾向があるのか。結婚相談所・最短結婚ナビ代表の鎌田れいさんが話す。

「私どもの相談所で特に多いのは医療従事者。自分が感染してはいけないし、もし自分がウイルスを持っていて相手にうつしても大変なので、オンラインを希望する人が多いんです。あとは、外に出るのが怖いという人、そこまで婚活に乗り気ではない人もオンラインを選ぶ傾向が強いです。足を運ぶ前にまずオンラインで参加して、いい人がいたら会いに行く、というお試しで利用するパターンが見受けられました」

 オンライン婚活のメリットについて鎌田さんは、「時間と費用の節約になることは大きい」と話す。

「従来の対面でのお見合いは、ホテルのラウンジなどを使用する関係で昼間の時間帯が多いため、仕事が休みの日に午前中から準備して、待ち合わせ場所まで移動して、1時間ほどのお見合いをするにも、移動時間のほうが多くかかりました。しかしオンラインなら、終業後の夜からのお見合いも可能で、自宅にいながら40分ほどで終わります。移動時間がないので非常に効率的です。1日複数人とお見合いする時も、場所を移動する経費や時間がカットできます。

 また、お茶代の費用の節約にもなります。対面のお見合いは男性がお茶代を支払うことが多く、ホテルのラウンジでお茶やケーキを注文すれば2人で3000~4000円程と決して安くはありません。たまに、顔を見た途端不機嫌になる女性や、勝手に食事までする女性もいるそうで、そうした理不尽さを避けるためか、オンライン婚活は女性より男性の方が積極的な傾向もあります」

 オンライン婚活パーティー専門サイト「LMO Party」を立ち上げた、LMO代表の高田康太さんも、コロナ禍だからこそリアルよりオンラインにメリットがあると力説する。

「緊急事態宣言が解除されて数か月経った今、対面での婚活パーティーが再開されています。しかし、ソーシャルディスタンスを守って距離を取りながら交流しなければならず、参加者同士が意気投合しにくく、マスクも必須で付けないといけないので表情が見えず反応や性格も分かりにくい。その点、オンラインなら素顔で会話ができるため、話も盛り上がります。

 また、自室で婚活をするため、本が趣味なら本棚を背景にしたり、可愛がっているペットを紹介できたりして、自分らしいアピールがしやすいのもオンラインならではです。オフラインの良さが失われているからこそ、オンラインのメリットが際立っていると言えるでしょう」

 普段なら近場で出会いを求めるものだが、離れた場所同士のお見合いでも違和感が少ないのもオンライン婚活のメリットだ。

「近々日本に帰国するので、今のうちにパートナーを見つけておきたいというニューヨーク在住の男性や、実家に戻る予定のため東京から地元エリアのオンライン婚活に参加している男性など、遠距離でも交際OKという方は多くいらっしゃいました。また、テレワークを導入する企業が増えたことで、将来的に女性が住む地域に引っ越しても良い、と話す男性もいらっしゃいます。オンライン婚活には、女性の活躍をサポートしたいという男性が増えていることも良い傾向だと思います」(高田さん)

Zoomの「バーチャル背景」に要注意

 反対に、オンラインだからこそのデメリットもある。お見合い会場は基本、お互いの自宅になるため、思わぬものが画面に映り込むことがある。

「オンラインで顔を見ながら会話する時、つい髪型や服装など、自分の身なりにばかりに意識が向きがちですが、画面に映る背景までを『自分自身』と捉えておくべきです。先月、よくビデオ会議などに使われるZoomでオンラインお見合いをした40代の男性は、Zoomの『バーチャル背景機能』で背景を好きな画像に変えられることを知っていたので、特に部屋の掃除などをせずお見合いに臨んでしまいました。

 しかし、お見合いが始まって15分ほど経った頃、背景に設定した画像が突然認識されなくなり、男性が動くたびに男性の後ろにくしゃくしゃに干されてあったパンツや靴下がチラチラと見えてしまったのです。団子状に積まれた洋服の塊も見えてしまったそうで、楽しい雰囲気から一気にお相手の女性のテンションが下がっていくのが分かったそうです。お見合いをする時だけは片付けておくか、カーテンや壁がバックに映るようセットしないと、こんな悲劇が起きてしまいます」(鎌田さん)

 また、カメラの位置によっては、実際よりもルックスが劣って見えることも。

「下から煽ると二重顎に見えたりするので、男女ともに少し上から映した方がいい。パソコンやスマホの下にちょっとした台を置くと、高めの位置で固定できます。また、ライティングも工夫して損はありません。シミやシワが飛んで肌がきれいに見え、女性だけでなく男性にも有効です。事前にカメラチェックをして自分が相手にどう見えているか確認するなどの事前の準備が必要です」

 テレビのワイプと同じように常に画面に顔が映っているため、オンラインでは笑顔をキープできるかによって印象が変わってくる。

「笑顔はもちろんのこと、リアクションも同じくらい大切です。人気のある芸能人は自分が喋っていない時でも笑顔でリアクションを取りますよね。あれを参考にして、普段の3倍くらいのリアクションをする。対面のお見合い以上にそうした姿勢が求められます」(高田さん)

 オンラインでのお見合いは、画面では全身のルックス、肌の質感や雰囲気などが分からないため、次は会って話そうという流れになりやすい。だが、事前にコミュニケーションをとっているため、初めて会う対面でのお見合いよりも交際に発展する可能性が高い反面、会ってみるとオンラインでの印象と違ったということも少なくなく、交際しても別れる可能性も高いそう。オンラインのお見合いでは、自分の“盛りすぎ”にも注意したい。

取材・文/小山内麗香

あわせて読みたい

「婚活」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  8. 8

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。