記事

『半沢直樹』原作者・池井戸潤、ドラマ続編は「ないものと思っていた」

●TBS日曜劇場チームと演出・福澤克雄氏への信頼

2013年に放送されたTBS系日曜劇場『半沢直樹』は最終回で視聴率42.2%を記録するなど、歴史に残る大ヒットを記録。ドラマの原作である池井戸潤の「半沢直樹」シリーズが、その後も続いていることから、続編への期待は大きかった。そしてついに今年、待望の新シリーズが実現。初回から視聴率20%を超えるなど、前シリーズ同様、大きな注目を集めているが、池井戸氏からは「続編はないと思っていた」と意外な言葉が飛び出した。その真意とは――。

6年ぶりに「半沢直樹」シリーズ最新作として、『オレたちバブル入行組』の前日譚を描いた、シリーズの原点といえる『アルルカンと道化師』を9月17日に刊行する池井戸氏。小説もドラマも新作が誕生し、ファンにはたまらない2020年となっているが、2013年に日曜劇場でドラマ『半沢直樹』が放送された際には、平均視聴率28.7%、最高視聴率42.2%という数字を記録、堺雅人演じる半沢直樹の名ゼリフ「倍返し」は、その年のユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれるなど“半沢直樹”は社会現象となった。

多くの人は続編への期待に胸を膨らませていたが、結果的に新シリーズが映像化されるまで、7年の歳月が流れた。池井戸氏は「最初に映像化の話をいただいたとき、監督の福澤(克雄)さんから、3作目の『ロスジェネの逆襲』がすごく面白いから、1作目の『オレたちバブル入行組』からドラマ化させてほしいとオファーがあったんです」と当時を振り返る。

演出を担当する福澤氏が、『ロスジェネの逆襲』を起点としてドラマ化したいという話を持ちかけてきたということは、『半沢直樹』のセカンドシーズンは、ある意味で既定路線だったと思われるが、池井戸氏は、前シリーズが終わったあと「もうやらないんだろうなと思っていたので、忘れていました」と意外な言葉を発する。

その理由を問うと「最終回で40%以上の視聴率を叩き出し、金字塔を打ち立てたわけですよね。映像界の常識というか通例として、続編をやれば数字というのは下がるものだという印象がある。前作で視聴率的には大きな結果を出したわけで、次をわざわざ作って、その栄光を汚すこともないのかなと思っていたんです。僕自身も、ないならないでいいんじゃないかという気持ちでした」と胸の内を明かす。

そんな池井戸氏の思いとは裏腹に、長い空白の時間を経て、新シリーズのドラマ化が動きだした。

演出家である福澤氏への絶大なる信頼。確かに池井戸氏原作の映画『七つの会議』もメガホンをとったのは福澤氏だ。「やっぱり、信頼感があるというのが一番ですね。これまで日曜劇場で僕の作品はいくつも映像化されていますが、監督・スタッフを含めて、安心してお任せしています」。

●ドラマオリジナルの展開やアドリブ「一視聴者として楽しんでいます」


一方で、新シリーズでは前シリーズとは変化している部分もあるという。

「現場での化学反応が前回よりも大きいのではと感じています。つまりアドリブですね。脚本は一応確認させてもらっているのですが、オンエアを観ると全然違うセリフがガンガン出てくる。いま話題になっている『施されたら~』とか『詫びろ、詫びろ、詫びろ』、『お前の負け―』、『お・し・ま・い・death』などは脚本にはなかったと思います」。

現場で生まれたものが、視聴者の心に突き刺さり、大きな話題になる。原作からの改編も、ドラマならではのもの、として楽しめるのが映像化の魅力かもしれない。「ドラマはテレビ局のものであり、原作者は関係ない。もちろん、ドラマがヒットすると、原作も売れるので、そういう意味では関係者ですが、僕も一視聴者として楽しんでいます」とドラマへの距離感を語った池井戸氏。

ドラマ化で印象的だったのは、香川照之演じる大和田。彼は原作の『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』共に登場しない。「プロデューサーの伊與田(英徳)さんや福澤さんがいろいろなアイデアを出し、それを脚本に落とし込む。大和田の登場など僕にもいろいろ相談はありますが、基本的にはお任せしています。大切なのは『半沢直樹』の世界観を壊さないこと。しっかりと世界観のなかでやっていれば、多少のことは反対しません」。

「やる以上はヒットしてもらいたいですが、こればっかりはやってみないと分からない」と池井戸氏は述べていたが、「『半沢直樹』というシリーズは、僕にとって『下町ロケット』シリーズと共に中心にある作品」と思い入れは強い。これからドラマでは、巨大な敵である政府と対峙することになる半沢。

コロナ禍のいまだからこそ、忖度なく正義に忠実に戦いを挑む半沢に、大きな勇気をもらう視聴者は多いのではないだろうか。

■池井戸潤
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。‘98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー、2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、2011年『下町ロケット』で直木賞を受賞。主な著書に「半沢直樹」シリーズ、「下町ロケット」シリーズ、「花咲舞」シリーズ、『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』『七つの会議』『陸王』『民王』『アキラとあきら』『ノーサイド・ゲーム』などがある。最新作は9月17日刊行予定の単行本『半沢直樹 アルルカンと道化師』。

■「半沢直樹」シリーズ
池井戸潤による企業を舞台にした痛快エンタテインメント小説。主人公の半沢直樹が銀行内外の敵と戦い、数々の不正を暴く。『オレたちバブル入行組』(2004)、『オレたち花のバブル組』(2008)、『ロスジェネの逆襲』(2012)、『銀翼のイカロス』(2014)のシリーズ4冊は、メインタイトルを『半沢直樹』と改題の上、講談社文庫より刊行された。そして今年9月17日にシリーズ最新作『半沢直樹 アルルカンと道化師』を刊行。最新作はシリーズ第1作『オレたちバブル入行組』の前日譚となる。

あわせて読みたい

「半沢直樹」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  6. 6

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  7. 7

    環境政策で野党のお株奪う菅首相

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  9. 9

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

  10. 10

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。