記事

いじめを放置、隠蔽する学校側の対応は日本の社会通念に照らして「普通」

社内で窃盗事件! でも会社は動いてくれない(J−CAST)

   あるスーパーチェーンで、女子更衣室のロッカーから、従業員の財布が盗まれました。被害者が店長に報告したところ、「鍵をかけ忘れた人にも落ち度がある」として、警察に届けないと言われたのだそうです。見かねた被害者の同僚が本部に連絡しましたが、対応は変わりませんでした。

相次ぐ自己責任論「小学生レベル」「騒ぐ方が阿呆」

   被害者の同僚のひとり、mirror-jpさんは、この対応に腹が立ってしようがありません。お店の万引きは警察に引き渡すのに、従業員の財布が盗まれたら黙っているなんて。店への信頼感は、すっかり下がってしまいました。

   納得がいかないので、Q&Aサイトの「教えて!goo」で質問を投げかけてみることにしました。「この業界では、これが当たり前なのでしょうか?」

   この質問には、ある意味で予想通り、「当たり前」という自己責任論が相次いでいます。

「まだお若い方ですよね、きっと。もちろん人の物を盗むのは悪いことですが、大人になると鍵をかけないのは自分の落ち度になるんです」(wildthingさん)
 「ロッカーに鍵を掛けなかったのですよね、小学生レベルの非常識な行為ですよね、それでいてクレームだけは、他人のせいにして声高に主張する、ご立派な考えですね」(kinkinnさん)
 「騒ぐ方が阿呆です。納得いかないなら本人なり周囲なりが届ければいい。万引きの被害者はお店ですが、職場の被害者はお店じゃありませんから」(narara2008さん)

   確かに万引きの被害者は会社で、財布盗難の被害者は従業員。被害届は被害者自身が出せばよいという考えもあります。

   回答者のskyfangさんは、「割と良く聞く話ですね。店のイメージが悪くなると売り上げに影響しますからね。嫌なら辞めてもらって結構、って事でしょ」と解説します。

   従業員から窃盗犯が出たという噂が立てば、お客さんのイメージダウンになりますし、パートタイマーが集まりにくくなってしまうかもしれません。

(中略)

   犯人は従業員の中にいる可能性が高いので、警察の捜査が入れば比較的簡単に特定できるという見方もあります。

   しかし、捜査には会社の協力が不可欠。警察からは、「まずは社内で調べてもらってください」と言われたり、会社から被害届を出してもらうよう助言されたりするケースも少なくないようです。

 引用元の初出は2010年で、つい先日になって偶然見つけたものですけれど、いかがなものでしょうか。日本における自己責任論の浸透ぶりが窺われる一幕でもありますし、ネット上で偉そうに振る舞う人々の会社(経営)側と自己を同一視する意識の高さもまた垣間見えるところです。まぁ、この辺は何を今さらと言ったところでもあります。何ら目新しいことではありません。

 それでも敢えて取り上げたのは、昨今ホットな「いじめ」の問題と合わせて考えて欲しかったからです。遠からず下火にはなるでしょうけれど、いじめの問題に世間の関心が集まっている今、学校側の対応が非難の対象となることもまた多いわけです。しかし、大仰に憤ってみせる「部外者」の口にすることの多くは、実情への無理解に全く以て無自覚な、そして的外れなことばかりであるように私には思われます。

参考、学校から生徒を守ることを考えなきゃ

 いじめと学校の問題と取り上げる上で抑えておかねばならないのは、過去に書いてきたことの繰り返しになりますが「教師は学校を守るもの」だと言うことです。教師が守るのは学校であって生徒ではない、そしてこのことは、我々の社会において決して非常識な振る舞いでもないということを踏まえた上で、いじめと学校の関わり方は語られる必要があります。

 引用した事例では、財布を盗まれた被害者に対して店長という組織管理者は自己責任を説くばかりで警察への届け出を止めました。そして、少なくともネット上では店舗側の対応を肯定する声が専らであったわけです。我々の社会とは、そういうものなのでしょう。では学校はどうなのか? 学校だけは特別なのでしょうか? むしろ学校もまた同じと考えられるべきではないかと私は思います。

 つまり、暴行や窃盗などの被害を訴える生徒に対して教員が取る「当たり前」の態度は、決して加害者の取り締まりではないということです。加害者を見つけ出して罰するのではなく、むしろ被害者にも落ち度はある、いじめられる側にも問題はあると、そう説くものです。いじめの被害者は生徒であって学校ではありません。むしろ、いじめの噂で学校のイメージが傷つくことの方を恐れるものでしょう。いじめ被害者が不満に思うなら転校してくれて結構、そうでなくとも数年後には卒業によって縁が切れます。学校(教員)が生徒を守るなど、余程の依怙贔屓でもなければあり得ないのです。

 いじめ問題に関する学校側の対応に不満を持つのも結構ですけれど、いじめを止めようとする姿勢が微塵も感じられない学校側の対応を常態化させてきたものは何なのか、その辺も意識されるべきだと思います。冒頭の引用記事中で窃盗被害者向けに対して偉そうに自己責任論を説いているような連中が、昨今のいじめ問題では学校側を非難しているとしたら、それは二重に愚劣で醜悪な振る舞いです。他人を咎め立てする前に、教員が生徒ではなく学校を守ろうとする、このような風潮を作ってきたのは何なのか、胸に手を当てて考えてみるべきでしょうね。

あわせて読みたい

「いじめ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  6. 6

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  7. 7

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  8. 8

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  10. 10

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。