記事

8月28日

本日は、官邸において定例閣議に出席した後、役所に戻り、種々の打合せを行いました。

その後の記者会見の冒頭で、Go To Eatの食事券の事業に関して、昨日の5府県の知事との意見交換で全ての知事から示された「事業を早く実施したい」という御希望・御意見などを御紹介致しました。

感染症対策については、まず国でしっかりと守るべきベースラインを定めてもらいたい、その上で、それぞれの地域の追加的な独自の対策として加える事もさせて欲しいとの事でありました。

これらの事は、新型コロナウイルス感染症対策分科会にお諮りする上で、しっかりお伝えしていきたいと考えております。

最後に、EU加盟国へのクロマツ盆栽の輸出はこれまで認められていませんでしたが、産地からの要望を踏まえ、EUの植物検疫当局との技術的協議を重ねた結果、今般、解禁される事になりましたので、御報告致しました。

その後、JA福島五連の菅野会長他JAグループ福島の皆様と面会し、「被災地域における営農再開促進と広域的な付加価値産地形成への支援」に関する要請をお受け致しました。
本要請には、吉野正芳衆議院議員に同席頂きました。

既に皆様も御存知のとおり、安倍総理が辞意を示され、17時からの記者会見で、そのお気持ちなどを詳しく御説明をされました。

記者会見に先立ち、16時からの臨時閣議終了後の閣僚懇談会において、安倍総理御自身から閣僚に対して、今回の決断に至った経緯を御説明されました。私も一言一句を噛みしめて聞かせて頂きましたが、一生忘れることが出来ない瞬間でした。

大変熟慮を重ねられた上、自らの健康状態を考え、国民の皆様への責任を果たす為に下された決断であると重く受け止めております。

私も閣僚として胃に穴が開く思いを何度も経験致しましたが、それが総理ともなれば、その重責は計り知れない物があります。

昨年9月、農林水産大臣に任命されて以来、さまざまな出来事が起こりましたが、安倍総理の深い御理解の下、農政に全力で取り組む事が出来ました事を心から感謝しております。

安倍総理は次の総理が決まるまでは「全力で職責を果たす」と仰っておられていますが、私も最後まで安倍内閣の一員として全力で職責を果たして行きたいと思います。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  7. 7

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  8. 8

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。