記事

フリーランス連絡会の3回目の申し入れも、国会記者会は拒否 - 寺沢有

画像を見る

 毎週金曜日に首相官邸前で行われている反原発の抗議活動を取材するため、官邸の正面に建つ国会記者会館に立ち入らせるよう、同会館を管理する国会記者会(記者クラブ)と折衝を続けているフリーランス連絡会が、10月10日、申入書(全文後掲)を提出した。

 申入書の提出は7月17日と8月16日に続き3回目。前2回は、国会記者会が拒否回答をしている。

 通常、国会記者会館は誰でも入館できる。しかし、現在、毎週金曜日のみ、入館者を規制している。このため、今回の申し入れでは、通常と同様、フリーランスが入館できるよう求めた。

 しかし、国会記者会の佐賀年之事務局長は、「通常も、国会記者会館の2階以上は立ち入らせていない。あなた(寺澤)が立ち入ったとすれば、違法。そのような違法行為をする人間が事務取り扱いの団体とは話をしない。(申入書に対する)回答もしない」と応じた。

 佐賀事務局長は「通常も、国会記者会館の2階以上は立ち入らせていない」と言うが、初耳だ。それを告知する掲示もない。

 従前、『インシデンツ』でも報道してきたとおり、国会記者会は明確な根拠なく国有財産である国会記者会館を独占的・排他的かつ無償で使用している。にもかかわらず、取材で立ち入りを求めているフリーランスを犯罪者呼ばわりしてはばからないのだ。

 7月10日、佐賀事務局長は筆者と面談したさい、国会記者会が明確な根拠なく国有財産である国会記者会館を独占的・排他的かつ無償で使用している理由を、臆面もなく「既得権」と主張していた。

 もはや国会記者会と話し合いの余地はない。


申入書

 国会記者会御中

2012年10月10日

 フリーランス連絡会(以下、本会)は、2011年10月、政府と東京電力の共同記者会見に参加を認められたフリーランスで結成されました。当初、極めて限定的だったフリーランスの参加条件について、これを緩和するように、細野豪志・原発事故担当大臣や園田康博・内閣府大臣政務官と直接交渉してきました。

 同年12月、共同記者会見は廃止されましたが、その後も、本会は福島第1原子力発電所の現地取材を巡るフリーランスと政府・東京電力との交渉や連絡の窓口として機能してきました。2012年5月26日の現地取材には、本会所属の2名が参加しています。

 近時、毎週金曜日に首相官邸前で反原発の抗議活動が行われ、社会的な関心を集めています。そこで、福島第1原発事故に関するフリーランスの取材の権利を守るのが目的の本会から、以下の申し入れを行います。

 【本会事務取り扱いで、従前、貴会との折衝にあたってきた佐藤裕一、畠山理仁、寺澤有の3名が〈国会記者会館4階の廊下の窓越しに〉反原発の抗議活動を撮影することを許可してください。なお、同場所は通常、入館者ならば誰でも立ち入れる場所です。3名が撮影した静止画や動画については、本会所属以外のフリーランスにも無償で提供します】

 ご回答は10月11日18時までにお願いいたします。

 フリーランス連絡会
 事務取り扱い 佐藤裕一 畠山理仁 寺澤有(担当、回答先)

 【写真】国会記者会館4階の廊下の窓越しに撮影した首相官邸(10月9日)

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。