記事

ホンダ初の量産EVは「街中」に特化

ホンダは27日、同社初の量産型EV「Honda e」を10月30日に国内で発売すると発表しました。「Honda e」の位置づけは都市型コミューター。「街中」に特化したEVで、ホンダは反転攻勢に転じることができるか。


これまでEVは、ガソリン車の劣勢に立たされてきました。充電時間や航続距離を考えると、ガソリン車の方がコストパフォーマンスが高いと結論づけられてきたからですね。

「Honda e」は、その図式を大きく変える可能性を秘めています。思い切っていってしまえば、「Honda e」は、ガソリン車との比較で開発されたクルマではないんですね。

「Honda e」は、都市型コミューターに位置づけられています。街中での乗りやすさを追求し、市街地の狭い駐車スペースでも安心して駐車できるよう、駐車支援システムも充実させています。満充電での航続距離は最大283キロです。

航続距離283キロをどう見るかというところですが、もちろん他社のEVと比べれば、長いとはいえません。しかし、あえて航続距離にこだわらずに開発したところに、かえってホンダらしさがあらわれているといえなくもありません。

もともと、ホンダには、「M・M思想」といって、人を中心としたクルマづくりの発想があります。今回、都市型コミューターという明確な目標を定めたところにも、人を中心にした、ホンダ独自のクルマづくりの思想があらわれています。

ホンダはまた、「Honda e」の展開とあわせて、コネクティッドカー関連のサービスを増やしています。生活のパートナーとして「街中」での使いやすさを目指しているんですね。

今後、国内メーカーからは、次々と新型EVが投入される予定ですが、ホンダは、一足先に、都市型コミューターという新しい使い方を提案したことになります。

ホンダは、「Honda e」を「未来を見据えてつくりあげたモビリティ」としていますが、やはり、ホンダには、独自の思想に基づいたクルマづくりを続けてほしい。それでこそ、独自路線を歩みつづけるホンダらしさが発揮できるといえるのではないでしょうか。

「Honda e」の成否は、どこまで市場にインパクトを与えられるかどうかにかかっているといえそうです。

あわせて読みたい

「ホンダ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

  10. 10

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。