記事

高知東生氏自叙伝「生き直す」発売に寄せて その1 自分の過去を公にした訳

1/2
トップ写真:JIDチャンネルに出演する高知東生氏と田中紀子氏(2019/03/21) 出典:Japan In-depthチャンネル

田中紀子(ギャンブル依存症問題を考える会代表)

【まとめ】

・高知東生氏、自叙伝生き直す―私は一人ではない―」を刊行。

・ギャンブル依存症を考える会田中紀子代表が高知氏にアプローチ。

・その場で「一緒に依存症の啓発活動をやってくれないか」と頼んだ。

高知東生氏が2020年9月4日に自叙伝「生き直す―私は一人ではない―」(青志社)を刊行する。

高知氏の回復過程をつぶさに見てきたものとして、高知氏の目線以外からも高知氏の回復や葛藤、苦難の道のりを語りたいと思う。

なお、この記事を書くにあたって事前に高知氏ご本人より「隠すことは何もないので、第三者の目線で率直に書いて欲しい」と許可を得ていることを申し添える。

>
▲画像 「生き直す」 出典:amazon

高知東生氏が、大麻取締法違反及び覚せい剤取締法違反で逮捕されたのは、2016年6月24日のことであった。我々依存症の回復支援に携わるものとしては、もちろん高知氏の回復過程を気にかけていたが、有名人だけになかなか接触する機会は得られなかった。

ところが2019年2月になり、高知氏がTwitterを再開していることを知った筆者が高知氏をフォローした所、高知氏がフォローを返してくれ、我々はTwitterのダイレクトメッセージ機能で直接やり取りができることとなった。

高知氏がなぜ私の様な一民間人をフォローしてくれたのか。高知氏は、逮捕の際にマスコミからは徹底的に叩かれ、かつては親しい間柄にあったと思っていた芸能記者からも「迷惑だ」などと発言され、非常に傷ついていた。もちろん自業自得と諦めてもいたが、その中で唯一、私がアゴラに書いた高知氏への論評が高知氏の救いになったとのことで、この記事の筆者であった私の名前を記憶してくれていたからである。

テリ―伊藤さんは依存症についてコメントしないで

高知東生さんは回復できる気がする理由

あわせて読みたい

「依存症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。