記事
  • ロイター

トヨタ、7月世界生産約1割減 減少幅は着実に縮小 想定以上に回復


[東京 28日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>が28日に発表した2020年7月の世界生産台数は、前年同月比10.2%減の69万1091台だった。新型コロナウイルス感染拡大による新車需要の減退やそれを受けた一部の生産調整が響いた。ただし、減少幅は5月の54.4%減、6月の24.0%減から着実に縮小している。

トヨタの7月の世界販売は12%減の74万7300台だった。同社は販売回復のペースを7―9月に前年同期に比べ約15%減、10―12月で約5%減、来年1―3月に約5%増と見込んでいるが、7月は「この想定を上回るペースで回復している」(広報担当者)という。

地域別の生産は、中国が前年同月比31.3%増だった。多目的スポーツ車(SUV)「RAV4」やセダン「カムリ」などの売れ行きが好調だった。北米は18.5%増。コロナの影響で3月以降は前年割れが続いていたが、5カ月ぶりに増加に転じた。市場全体が回復しており、ライトトラックのほか、SUV「ハイランダー」やカムリなどのハイブリッド車(HV)の好調が寄与した。

一方、欧州は24.9%減。販売は14.5%増と回復してきているが、フランスで新型「ヤリス」の切り替えによる一時的な生産減があったことが響いた。

日本は22%減だった。トヨタでは7月も一部の国内工場で生産調整を続けており、減産規模は当初計画の約1割減を想定済み。同社は「計画並みに進捗しており、他地域に比べて回復が遅れているという認識はしていない」(広報担当者)としている。

*見出しの文言を一部修正しました。

(白木真紀)

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  5. 5

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。