記事
  • ロイター

トランプ氏、共和党大会で指名受諾演説 バイデン氏を攻撃


[ワシントン 27日 ロイター] - 11月の米大統領選で共和党が候補に指名したトランプ大統領は27日、指名受諾演説を行い、民主党候補のバイデン前副大統領が勝利すれば国内の人種間対立が激化し、新型コロナウイルス流行が悪化すると主張し、リードを許す同氏への攻撃を強めた。

共和党の党大会最終日にトランプ氏はホワイトハウス南庭の会場で演説を行い、「今回の選挙は法を順守する米国民を守るか、もしくは、国民を脅かす暴力的で無政府主義の扇動者と犯罪者を野放しにするかを決める選挙になる」と強調し、バイデン氏の米国では誰も安全に暮せないと主張した。

新型コロナウイルスの感染が国内で再び拡大しているにも関わらず、トランプ氏は1000人以上の支持者を前に1時間以上にわたり演説した。

トランプ氏はバイデン氏が「極左勢力」の手先だとの印象を植え付けるため、移民や銃保有、警察、人工妊娠中絶、エネルギー生産などに関する民主党の政策姿勢をゆがめて表現した。

「バイデン氏にチャンスを与えれば、米国の偉大さの破壊者となるだろう」と訴えた。

また、世界的に感染が拡大した新型コロナウイルスについて、中国に責任があると再度主張した。

さらに、自身が再選されれば、米国を離れ海外で雇用を創出する企業に関税を課すと表明。「これまで既にやってきたように、われわれは米国の企業や雇用が国内にとどまるのを確実にする。(民主党の)ジョー・バイデン氏の政策は『メイド・イン・チャイナ』だ。私の政策は『メイド・イン・USA』だ」と強調した。

トランプ氏は共和党が歴史上「最も偉大」と呼ぶ米経済を復興させると約束、新型コロナ感染抑止のために必要ならば封鎖措置を講じるとするバイデン氏の立場を批判した。「バイデン氏の方針は新型ウイルスの解決策にはならず、むしろ屈服だ」とした。

バイデン氏はツイッターに「トランプ氏がジョー・バイデンの米国では誰も安全に暮らせないと主張したが、周りを見渡して『ドナルド・トランプの米国でどれだけ安心できてるか』と自問して欲しい」と投稿した。

トランプ氏の演説後、党大会閉会に向けてワシントン記念塔で花火が打ち上げられ、トランプ氏とその家族が花火を見る姿がテレビに映し出された。ただ、トランプ氏の演説に集まった人々の間では一定の距離を置いたり、マスクを着用するなどのコロナ対策はほとんど取られていなかった。トランプ氏の選挙陣営は、ホワイトハウス南庭でのイベントの開催に際し適切な対策を取ったとしている。

*情報を追加しました。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  6. 6

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  7. 7

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  8. 8

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。