記事

コロナ禍でキャバクラ衰退不可避 パパ活アプリへの移行も

もう店に行くなんてアホらしい?

 時短営業要請で飲食店は10時閉店、自粛ムードもあり、女性と遊ぶ機会は激減した。が、世のセレブ男性たちの一部は、「スマホ」を片手に濃厚な夜を過ごしているという。マッチングアプリを活用して、男性会員が女性会員にお金を払って一緒に飲む“ギャラ飲み”を行なっているのだ。

 だが、一部でそのアプリが“パパ活”に転用されている面もあるという。そんな「パパ活アプリ」の台頭で大きな影響を受けているのが、キャバクラを始めとする夜の店だ。

 この機能でいま、人気を集めているのがマッチングアプリ『P』。他のアプリと違うのは、男性会員に年収1億円クラスがゴロゴロいること。女性会員も入会時に面接があり、通過率は10%とも言われる。男性会員は『P』に注ぎ込んだ金額順でランキングが発表され、女性会員はルックスや職業を元に運営会社が独自の基準でランク付けしている。VIP以上になるとトップクラスのキャバクラ嬢やタレント活動をしている子も珍しくない。アプリの20代女性会員(VIP)が語る。

「会員男性はみんな“いちいち店に通って女の子を口説くのがバカらしくなる”って。『P』を使えば最初から2人きりになれるし、お金次第でアフターもたやすい。女性も同じです。私はもともと六本木のキャバクラで働いていて、必死に営業メールして、同伴ノルマをクリアして、やっと給料は3ケタいくかどうか。『P』なら男性からのコールだけでカンタンにそれ以上稼げる。店に出勤する意味がないんです」

 現代日本文化に詳しい社会心理学者の渡部幹氏は、コロナの感染拡大で、こうしたパパ活アプリへの“移行”はますます進むと分析する。

「キャバクラを筆頭に、店内で客と濃厚接触しやすい業種は、コロナ禍でしぼんでいくことは避けられません。しかし、人の欲望は変わらない。男性はリスクを避けるため、店舗ではなく『オンライン』に出会いを求め、女性も少数の太客を抱える方向に動く。遊び慣れた金持ち男性と、そんな男性を狙うギャラ飲み女子たちが、ネットのマッチングサービスに行きつくのは必然。この流れは今後も加速するでしょう」

 隆盛を極めるパパ活アプリが、時代の映し鏡になっている。

※週刊ポスト2020年9月4日号

あわせて読みたい

「パパ活」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  4. 4

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  5. 5

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  6. 6

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  7. 7

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    困っている人を見て見ぬふりはトラブル回避の自己防衛?親切が悲劇を招くことも

    諌山裕

    06月14日 12:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。