記事
  • ロイター
  • 2020年08月28日 10:05 (配信日時 08月28日 10:04)

米インフレ率加速予想強まる、FRB新戦略受け 2%達成は困難か


[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が、インフレ率が「一時的に」2%を上回ることを容認し、長期的に平均2%の目標達成を目指す新戦略を発表したのを受け、市場では将来的なインフレ率加速を見込んだ動きが強まった。ただ、2%には至らないとの見方がなお根強い。

パウエルFRB議長はバーチャル開催となった国際経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)の講演で、低インフレ期間を相殺するため2%を超えるインフレ期間を容認し、インフレ率が長期的に平均2%となるよう目指す考えを示した。

米消費者物価指数(CPI)の上昇率は2018年以降、2%を上回ったことは一度もない。

米債券運用大手・ピムコのグローバルマルチアセット・ポートフォリオマネジャー、エリン・ブラウン氏はFRBの新戦略について、「緩和的政策が長期間続くとの市場の期待を根付かせ、長期的にインフレ目標を達成できると市場に印象付ける」狙いがあると指摘。

米国債市場では長めの年限が売られ、30年債<US30YT=RR>利回りは8.8ベーシスポイント(bp)上昇の1.493%と6月24日以来の高水準。10年債<US10YT=R>利回りも上昇し、利回り曲線はスティープ化した。長めの年限はインフレリスクに敏感に反応する。

リフィニティブのデータによると、パウエル氏の講演後、

期待インフレ率の指標と考えられる10年債と10年物の物価連動債(TIPS)の利回り格差(ブレーク・イーブン・インフレ率)<USBEI10Y=RR>は12bp拡大し、1.728%となったが、2%は下回った。

ブラウン氏は「2%からはまだほど遠いため、ブレーク・イーブン・インフレ率は上昇の余地が確実にある」と分析。

ナショナル・アライアンスの国際債券部門責任者、アンディ・ブレナー氏も、「ブレーク・イーブン・インフレ率はまだ多少、上昇するだろう。FRBはインフレ率が加速するのを容認すると思う」と述べた。

パウエル議長は講演で、「広範かつ包括的」な雇用に重点を置くとともに、物価よりも雇用を重視し、最大雇用の確保に努めるとも表明。

投資家は、パウエル氏の講演内容について、FRBが経済成長とインフレ率の押し上げに向け、これまでに想定されていたよりも長期間、低金利を維持するという意味だと解釈している。

ブレナー氏は「5年後も金利は同じ水準にあるかもしれない」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  5. 5

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  6. 6

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  7. 7

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  8. 8

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    東京五輪へ猪突猛進…日本国民猛反発でもバッハ会長が自信満々でいられるワケ - 熊谷 徹

    文春オンライン

    06月17日 14:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。